安定したプレーで2勝目をもぎとった申ジエ(撮影:福田文平)

写真拡大

 国内女子ツアー「ニチレイレディス」で連覇を達成し、今季2勝目を挙げた申ジエ(韓国)。この大会は3年間コンビを組んだキャディのフロリアン・ロドリゲスさんとのラストマッチ。開幕前から連覇にかける熱い意気込みを話していたが、最終日に3打差をひっくり返し見事優勝。狙った大会をものにする強さを見せ付けた。
ニチレイレディスを写真で振り返る!
 申のセッティングは今季初優勝を挙げた「サイバーエージェントレディス」の時から変わっておらず、ドライバーはキャロウェイの『BIG BERTHA ALPHA 815 ダブルダイヤモンド ドライバー』、アイアンとウェッジはミズノ社製のものを愛用。ツアー通算19勝のベテラン、イ・チヒ(韓国)、昨年の賞金女王、アン・ソンジュ(韓国)、勢いのある若手、鈴木愛らとの熾烈な優勝争いの中で「ミスをしたら負けると思った」と慎重にプレーし、ノーボギーでラウンド。
 ドライバー、アイアン、ショートゲームでもバツグンの安定感を見せた申。圧巻のプレーを支えたクラブは以下の通り。

【申ジエのクラブセッティング(Whats in the Bag)】
<ドライバー>
キャロウェイ BIG BERTHA ALPHA 815 ダブルダイヤモンド ドライバー (14年)
(ロフト:9度/シャフト:Speeder EVOLUTION 569/フレックス:S)
<フェアウェイウッド>
キャロウェイ BIG BERTHA ALPHA 815 FW (14度、18度)
<ユーティリティ>
キャロウェイ BIG BERTHA ALPHA 815 UT (20度、23度)
<アイアン>
ミズノ MP-15 アイアン (14年) (6I〜PW)
<ウェッジ>
ミズノ MP-T4 ウェッジ (50度、54度、60度)
<パター>
オデッセイ VERSA 2ボールパター
<ボール>
タイトリスト PRO V1
<ゴルフ情報ALBA.Net>