Doctors Me(ドクターズミー)- ママからの口移しが原因?虫歯菌感染の正しい知識

写真拡大

虫歯菌は感染する! しかも一度感染すると除菌はほぼ不可能……

虫歯は虫歯菌から作られるので、虫歯菌のいない人に虫歯はできません。
つまり、虫歯というのは、虫歯菌をもつ人のだ液から入り「感染」するとういことなのです。しかし、必要以上に心配する必要はありません。例え、感染してしまったとしても、虫歯菌を上手くコントロールできれば、虫歯になることはないのです!
虫歯の原因菌は2種類あります。ひとつは「ミュータンス菌」。もうひとつが「ラクトバチラス菌」です。それぞれの特徴を把握することで、賢く虫歯を予防することができます。

2種類の虫歯菌の特徴

1:ミュータンス菌
ミュータンス菌は、唾液から感染します。幼児期に、両親や祖父母から口移しで食べ物を与えられたり、同じお箸やスプーンなどを使用することで感染。感染すると口の中で酸が発生し、歯が溶けていきます。ミュータンス菌は、一度口腔内に入り込むと、完全に取り除くことはできないので、乳児期の子どもへの感染には十分に注意を払いましょう。

2:ラクトバチラス菌
ラクトバチラス菌は私たちが普段口にする炭水化物や砂糖にも含まれている虫歯菌です。もっとも多く含まれていることで有名なのが乳酸菌飲料。この菌が、ミュータンス菌によって溶けた歯を虫歯へと進行させてしまいます。

2種類の菌の特徴に合わせた対処が大切

ミュータンス菌対策
・フッ素塗布
・キシリトール50パーセント以上含有のガムやタブレットを食べる

ラクトバチラス菌対策
・食後は歯磨きをする
・甘い物は控える

まとめ

産まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌は存在しません。保護者の唾液を介して感染してしまうのです。
虫歯菌は、完全に除菌することは不可能なのですが、その虫歯菌をコントロールすることが虫歯予防につながります。日々の生活習慣を見直して、歯科予防に努めることで虫歯のリスクは抑えられるでしょう。