Doctors Me(ドクターズミー)- ガスが溜まってお腹痛いしパンパン!実践したい3つの対策

写真拡大

時々お腹にガスが溜まって、苦しくなることはないですか?それが仕事中だと、オナラとしてガスを出すこともできず、辛いですよね。しかしトイレに行かず我慢をしているとさらに腸の働きを悪くし、ガスが出にくい状態になってしまいます。

今回は、お腹にガスが溜まってしまった時の対処法と予防についてお話ししましょう。

お腹にガスが溜まってしまったら……

お腹の調子がおかしいなと感じたら、以下の3つを試してみましょう。

1. トイレへ行き、お腹をゆっくりと、強く押してみましょう
オナラが出て、症状が緩和されることがあります。さらに親指以外の4本の指をお腹の上の方(胃の部分)に当て、ゆっくりと時計回りに、円を描くイメージで押してみましょう。下までゆっくり押したら、いったんやめて、もう一度繰り返します。

2. 冷たい飲みものを控えましょう
冷たいものを控えたり、カイロでお腹を温めるのもいいでしょう。

3. 積極的に運動をしましょう
運動することで、腸の動きを促します。階段を上り下りするだけでもいいでしょう。

日常生活で気を付けたい4つのポイント

お腹にガスが溜まってしまう症状は、実は日常生活のさまざまな習慣とつながっています。日常生活ではこんなことに気を付けましょう。

1. 暴飲暴食は避けましょう。
2. ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べて善玉菌を増やし、腸の環境を整えましょう。
3. 睡眠をしっかりとりましょう。睡眠不足は自律神経のバランスを崩し、腸の働きを低下させます。
4. ストレスを溜めないようにしましょう。ストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れ、腸の働きが低下します。