旧優生保護法に基づく不妊手術を受けた女性 日弁連に人権救済を申請

ざっくり言うと

  • 宮城県の60代の女性が23日、強制不妊手術で日弁連に人権救済を申し立てた
  • 知的障害を理由に50年前、旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されたという
  • 女性は手術を違憲と訴え、補償を含む適切な処置を国に勧告するよう要請した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング