22日放送の「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)で、フジテレビの加藤綾子アナウンサーのダメな所を、同期の榎並大二郎アナウンサーが暴露する場面があった。

この日の番組は、「新旧バラエティ女子アナ」と題し、加藤アナと西山喜久恵アナのふたりをゲストにトークを繰り広げた。

その中で、フジテレビのアナウンサーが加藤アナのダメな部分をフリップで紹介するコーナーがあった。そこで、榎並アナのコメントが出され、「最近はさすがになくなりましたが」と前置きした上で、「(加藤アナが)帰宅するとき、1人で帰るのが退屈なのか、護衛をかねてなのか、こちらは帰れないにもかかわらず、会社の最寄り駅まで付き合わされることがありました」と明かした。

続けて榎並アナは、「改札前まで見送るとこちらを振り返ることもなく、さっさとプラットホームに行ってしまいました」と加藤アナの一面を紹介。すると、加藤アナは「同期で、なんか榎並アナはイジりたくなっちゃう」「でも、榎並アナもイジられるのを待ってるタイプなんですよ」などと返した。

榎並アナの素顔に、番組アシスタントの田淵裕章アナも「彼は(イジられて)嬉しいタイプですよ」と言い切った。加藤アナも、「榎並アナは『俺はなんなんだよ、綾ちゃんのー』」と、文句を言いながらも付いてきてくれることを暴露すると、田淵アナが「ライバルなのでこの辺で」と、強制的に榎並アナの話題を打ち切り、笑いを誘った。

【関連記事】
田淵裕章アナが業界に染まった瞬間だと感じた永島優美アナの言動を暴露
「めざましテレビ」がTwitterで取材を申し込むも拒否される
「めざましテレビ」で加藤綾子アナウンサーが盛大にミス「1万5000“万”枚」