堀江貴文

写真拡大

22日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、堀江貴文氏が、インターネット規制派の議員に激怒した。

番組では、「インターネットを利用する際の実名化は犯罪抑制に有効か」とのテーマで討論を交わした。現状、ネット掲示板などでは匿名性によって自由な発言が可能な分、誹謗中傷も絶えないという。

実名化に賛成派の弁護士・紀藤正樹氏が、「実名化によって犯罪は減る」と意見を述べると、反対派のインターネット電子掲示板「2ちゃんねる」の管理人・西村博之氏は、「韓国は国民ナンバーを登録してインターネットを利用しているが、犯罪は減っていない」「そもそもGoogleは海外の会社、日本の規制案は適応されない」と反論した。

堀江氏も、「いたずらやイジメをするヤツは、どこだってする。有効な対策にはなりえない」「解決策は別のところにある。今の義務教育のあり方とか」と、西村氏に同意の姿勢を示した。

さらに西村氏が、「そもそもインターネット以前と以後でイジメの件数がどうなったかってデータがないと意味がないと思うんですけど。元々イジメで死ぬ人はいっぱいいたわけで。そのデータってあるんですか?」と尋ねると、賛成派は沈黙する事態となった。

これに対し、実名化に賛成派の自民党衆議院議員・松本文明氏が、「そんなこと(イジメで)亡くなった親御さんの前で言えます?」と意見すると、この発言が堀江氏に火をつけたようだ。

堀江氏は松本氏を指さし、「感情論じゃん。それをやると必ず厳罰化になるんです」と声を荒らげ、「あなたたち議員はそうやって被害者の声だけを聞いて、どんどん世の中を息苦しくしてる。その責任を感じないといけない」と続けた。

堀江氏は反論する松本氏をさえぎり、「全体的に規制強化ってのはそういう方向に進むんです!そりゃ、かわいそうですよ、だからといって…それは別の議論で考えなきゃいけない」と、声を荒らげて持論を展開した。

【関連記事】
堀江貴文氏がTwitterで番組共演者と罵詈雑言の応酬を繰り広げる
堀江貴文氏がDaiGoに完敗 ババ抜きで心理を完全に読まれる
堀江貴文氏が新ビジネスのアイデアを絶賛…具体的な展開プランまで提案