流行するフードトラックがもたらす「汚染」を解決する「ソーラー・フードカート」

写真拡大

ニューヨークに5,000台あるカート型の屋台。これらフードカートは、都市交通局(MTA)の地下鉄の標識やクライスラー・ビルと同じくらい、この街の風景の一部となっている。しかしこれらの屋台が「地球に害を与えている」とは、よもや思いもよらないだろう。問題を解決すべく、新しいカートがいま、開発されている

「流行するフードトラックがもたらす「汚染」を解決する「ソーラー・フードカート」」の写真・リンク付きの記事はこちら

いまやニューヨークの風景の一部ともなったフードカートの問題は、彼らが使っている「ガス発電機」にあるだ。フードカートのほとんどがディーゼル発電機を電源にしており、一酸化炭素や亜酸化窒素などの温室効果ガスや粉じんが大量に発生する。調査会社によれば、1台につき発生する亜酸化窒素の量は、自動車186台分にも相当するという。

市当局、ならびにクイーンズに拠点をもつMove Systems社が始めたプログラムは、この汚染を60パーセント以上削減することを目指している。

2014年に、Move Systemsはフードトラックを「最適に調整」した。その名は「MRV100」。地球を汚すガスを出すのではなく、蓄電池と太陽電池から得られる電力で動作する。計画によると、2016年夏までにこの新しい屋台が500台規模で営業に使われる。そのうち100台は、今夏にも稼働を始める予定だ。

そもそも、規格がなかった

フードトラックは、1970年代以降、ほとんど改良の手がつけられていない。認可が下りなくなったためブラックマーケットが生まれ、タクシーのライセンス制度(タクシーメダリオン)と同様に「合法な許可証」が高値で取引されているためだ。新たな許可がないのであれば、性能を改善しようというインセンティヴにも乏しい。加えて、環境保護庁 (EPA) は2000年になるまで発電機の排ガス基準の方針さえ示さなかったのだ。

当初のデザインから40年もの年月が流れたにしては、どのフードトラックも頑丈で、耐久性も高い。

「その点に限っては、クオリティの高さは驚くほどです」と、Mobile Vending Natural Gasを買収してMove Systemsに合流したSimply Grid社の創設者の1人であるマイケル・ドブロフスキーは語る。それゆえ、開発当初Move Systemsが新しいフードトラックを一からつくり上げるのでなく、いまあるフードトラックと電気自動車の発電機構とを組み合わせることを検討したとしても無理はない。

しかし、「どのフードトラックも、クイーンズやブルックリンの職人たちが、いわゆるチョップショップ (盗難車の裏工場) で手づくりしたものです」と、ドブロフスキーは言う。「だからトラックごとに部品も違うし、配管も規格に合っていません」。それで仕方なく、Move Systemsはガラクタを寄せ集めたカートを捨て、そもそもの設計からやり直すことにした。

そうしてできたMRV100は、コンパクトな箱型のキャンピングカーのような姿だ。ステンレス製で、フチは丸みを帯び、幅1.5mで全長3.0m。ルーフには太陽電池のパネルを積み、音の静かなハイブリッド型圧縮天然ガス発電機を使い、搭載された蓄電池に充電する。この蓄電池がカートの稼働時間の半分の電力を賄い、その間、発電機は動く必要がない。

Move Systemsは構成の異なる3種類の蓄電池を準備する計画だ。クレープをひっくり返すだけのクレープ屋はもちろん、電力をたくさん使うブレンダ―を始終回し続けるスムージー屋にも、十分な電力が供給できるように。


MRV100はまた、GPS付きでインターネットに繋がる小型のコンピューターや、燃料の圧力や食品の温度などを計ることのできるセンサー類を装備している。

現在の想定では、こうしたモニタリングシステムの目的はトラックがうまく稼働しているかどうかを確認することにあり、食品ヴェンダーよりはトラックの持ち主の利用が考えられている。この先、ヴェンダー側が得られる情報を活用し、メニューを見直したりPOS端末として使ったりできるようにする予定だという。

また、トラックの品質をできるだけ長く保つため、MRV100のシャーシは溶接ではなくボルト締めで組み立てられている。ニューヨークの街は海に近いので、大気には塩分が含まれていて金属が錆びやすい。溶接してしまうと部品交換が大掛かりになるし日数もかかる。ボトル締めならば、交換も手早く済ませられるのだ。

「スポンサー」がいるからこそ、無償で提供される

初期ロット100台分のトラックは、Move Systemsが資金を出し、体が不自由な退役軍人用に取り置かれる予定だ。そして残りの400台は、契約を交わした食品ヴェンダーに無償で提供される。つまり、いわゆる「スポンサー」がついているのだ。

ただしMove Systemsの説明によると、現在のところスポンサーや広告主を検討している段階で、その選考はまだ終わっていない。燃料となる圧縮天然ガスの費用は(インターネット接続は別として)ヴェンダーもちだが、Energy Vision社のレポートによれば、そのエネルギー料金は1台につき年5,200ドルの節約になるという。

こうしてみると、Move Systemsの狙いは、MRV100をホットドックの屋台というよりはむしろ、レストランにしたいかのようだ。どのトラックも真新しく光り輝いているうえに、MRV100は何百種類もの専用キッチンに対応している。彼らは窓を大きく、あるいは透明にして、客がたくさんの食品やそれらが調理されていくさまを外から見られるようにするという。

「カートが新しくなり、やがてグルメなキノア料理を提供する日が来るでしょう。それを想像するだけでも楽しみです」とドブロフスキーは語る。

TAG

EnergyFoodNew YorkWIRED US