だんだん熱くなってくる気候に早くも夏バテぎみという方も多いのではないでしょうか。だからといってそのままにしておくと、体力が落ちて回復不能に。そんな時こそ食生活を見直して、上手に夏を乗り切りましょう。

夏バテはこうやって悪化していく!

暑い日が続けば体の負担は大きくなり、疲れも抜けにくくなってきます。消化器の働きも低下して、さらに体調が悪化することに。暑いからといって食べやすい麺類ばかり食べていると栄養が偏ってさらに体力が落ちてきます。冷たいものも飲み過ぎてしまうと、胃腸を冷やす原因になってしまいます。冷えた胃腸は、さらに機能が低下するという悪循環に。暑い場所とクーラーが効いた部屋を出たり入ったりすると、自律神経が狂ってさらに夏バテが悪化してしまいます。

夏バテだと思ったら、ぜひ摂りたい栄養はコレ

夏バテの時ほど、食生活を見直して、夏バテを防ぐ栄養素を摂りましょう。夏は体力が衰えるとき。スタミナのつく食事がいいでしょう。でも、脂っこいものは胃腸の負担になるので、食べ過ぎにはくれぐれもご注意を。

ビタミンB1、B2

ビタミンB1とB2には糖質や脂質をエネルギーに換える働きがあり、体力の回復に効果的です。ビタミンB1は胚芽やレバー、豆類に多く含まれます。ビタミンB2を多く含む食品は卵、大豆、乳製品などです。

ビタミンC

ビタミンCには強い抗酸化力があります。夏の暑い陽射しで弱った体を修復するには効果的。レモンやグレープフルーツ、キウイなどのフルーツを積極的に食べましょう。また、野菜にもビタミンCは多いのですが、調理する時に溶け出してしまうため、煮物の煮汁やスープは残さず飲みましょう。

クエン酸

クエン酸には疲労物質乳酸を分解するだけでなく、ミネラルの吸収を促進する効果があります。体力が落ちる夏場には、ぜひともとりたい栄養素です。レモンやグレープフルーツなどのかんきつ類にはクエン酸が多く含まれています。

暑くても水分の摂り過ぎには注意して

暑いからといって、冷たいものをたくさん飲むと胃腸が冷えてしまいます。また、食後の水分の摂り過ぎも胃酸を薄めて胃の負担を増してしまいます。一度にたくさんの水分を摂っても、全部吸収できるわけではありません。夏場でも温かい飲み物を少しずつ飲む方が体のためにはいいのです。温かいものはちょっとという方は、せめて常温の飲み物を飲むようにしましょう。


writer:岩田かほり