「ネットが発明されなかったら、あの起業家はこうなっていた」“オールスター”出演動画

写真拡大

アリアナ・ハフィントンは、新聞を手売りで販売!? インターネットがないパラレル世界を、現代の有名起業家たちが演じるディストピア動画が公開された。AOLの共同創設者が迷惑メールを手渡しで配り、ウィキペディア創設者は百科事典を勝手に編集している。

1990年のこと、欧州原子核研究機構(CERN)で働くロンドン生まれのティム・バーナーズ=リーはのちに世界を永久に変えることになったある提案書を発表した。現在わたしたちが使うワールドワイドウェブ(WWW)の仕組みを説明するものだ。

「「ネットが発明されなかったら、あの起業家はこうなっていた」“オールスター”出演動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

しかし、もしこの提案書が重要な人々に届かなかったら、あるいは気がつかれなかったら、この世界はどのようになっていたのだろう?

関連記事「WWWの生みの親」から4つのヒント

冒頭の動画は、〈掃除スタッフが間違って提案書を捨ててしまった世界〉を描いている。(「ハフィントン・ポスト」創業者の)アリアナ・ハフィントンは紙の新聞を道行く人たちに放り投げ、ナップスター創設者のショーン・パーカーは暇なので、アヒル口の自撮りを洗練させるのに毎日を費やしている。AOLの共同創設者スティーヴ・ケースは、「メールが届きましたよ」という、いまや世界中に普及しているキャッチフレーズを口頭で伝えながら迷惑メールを手渡しで配っている。

わたしたちが生きていたかもしれないパラレル世界を描いた、このディストピア的ヴィジョンの愉快な動画は、テクノロジー起業家のプライヴェートネットワーク「Founders Forum」の10周年を記念して、同フォーラムと「The World Wide Web Foundation」の認知度向上を目指す通信エージェンシーFreuds社とのコラボレーションによって制作された。

The World Wide Web Foundationとは、動画にも登場しているバーナーズ=リー卿が2009年に設立した組織のことである。

ウィキペディア創始者のジミー・ウェールズがプロデュースを担当し、俳優のスティーヴン・フライがナレーターを務める、この浮かれた動画の説明に戻ろう。

動画では、パラレル世界における自称起業家たちの悲しい運命が描かれていく。

投資会社Index Ventures社のダニー・ライマーは怪しげなインフォマーシャル番組で自分を売り込み、スカイプ創設者のニクラス・ゼンストロームは、第二次大戦時代の暗号機「エニグマ」を使った奇妙な絵文字を解読している。マイケル・アクトン・スミスは、ゲーム「Moshi Monsters」のぬいぐるみを街角で販売している。ジミー・ウェールズは、図書館の本を次々と勝手に手書き編集しているのだ。

TAG

InternetTechHistoryVideoWIRED UK