下準備から来店のタイミングまで!プロが教える“セールで上手に買い物をするコツ”

写真拡大

毎年楽しみな夏のセールだけど、思わず予算以上にお金を使ったり、必要のないものを買ってしまったり…そんな失敗経験がある女子も少なくないのでは? そこで、松屋銀座の販売促進部の石塚菜摘さんに、“セールで上手に買いものをするコツ”をアドバイスをしてもらった。◆POINT1 セール前に欲しいアイテムを決める

セールの高揚感に振り回されないためには、仕事用にも使えるワンピースやバカンス用のサンダルなど、事前に欲しいものを決めておくのがいちばん。「セールが始まる前に来店して、お気に入りブランドのアイテムをチェックしておきましょう」(同) 

併せてクローゼットの振り返りを行っておけば、不要なものを買うことを避けられるはず。下見なしで来店した場合は気に入ったアイテムを見つけても、すぐさま購入せずにランチやお茶をするなどして、クールダウンして。

◆POINT2 来店はセール初日がおすすめ!

長くて1カ月がセール期間、というところもあるけれど、もっとも品揃えのはセール初日。「百貨店によっては、初日は営業時間を延長していることもあります」(同)

また、ブランドによっては、セールの開始日がずれている場合も。店頭で配布しているセールのお知らせや、公式ページをチェックして、きちんと初日を把握しておこう。

◆POINT3 混雑を避けるのなら、アフターファイブの来店を

普段よりも安い値段で買い物ができるのは嬉しいけど、セールの混雑がどうしても苦手…という人には、比較的人が少ない夜の来店がおすすめだそう。

「平日のアフターファイブが比較的落ち着いてご覧いただけると思います」(同) 週末に来店する場合も、昼間を避けて夕方以降に訪れるほうが混雑を避けられるそう。