まもなく終了! イマジネーションのトリガーを引きたければ、「BEST MADE」へ急げ

写真拡大

現在、神楽坂にあるキュレーションストア「la kagu」にて、ポップアップストアを展開している「BEST MADE(ベスト・メイド)」。オンラインを通じて世界中に熱狂的なファンを抱えるニューヨーク発のアウトドアブランドは、なぜ東京に小さなストアを開いたのか。創業者のピーター・ブキャナン・スミスに訊いた。

「まもなく終了! イマジネーションのトリガーを引きたければ、「BEST MADE」へ急げ」の写真・リンク付きの記事はこちら

──ニューヨークのトライベッカに続く2つ目の場所として、東京を選んだのはなぜでしょうか。そもそも、ピーターさんにとって「リアル店舗」とは、どのような意味をもつものなのでしょうか?

オンラインショップをやっていると、つくづく「体験が重要だ」と感じることが多い。ぼくがトライベッカでショップをやっているのは、それを証明するためだといっても過言ではないね。すごく小さいショップだけれど、「好きなものが並んでいる」という以上の価値があることを、ぼくは示したいと思っているんだ。

以前、3世代の家族がショップに来てくれたことがある。14歳の女の子以外は誰もぼくのことを知らなかったけど、彼らはすぐに、ぼくらの商品に引きつけられたんだ。彼らはBEST MADE(ベスト・メイド)の典型的なお客さんではないけれど、それはとても意味があるし素敵なことだと思ったよ。女の子の両親も、そしておじいちゃんも、ぼくらの商品が好きになってくれたのだから。

会社はいま、すごく成長している。ぼくが思った以上にね。同じカテゴリーのほかのブランドと比べれば、その成長は小さくてスピードも遅いけど、「slow and steady wins the race」という言葉もあるしね。ぼくは排気量の大きいエンジンは信じないタイプなんだ。サザビーリーグとのパートナーシップがその証拠だと思う。

ここ2年間で、ユミ(ニューヨーク在住のライター佐久間裕美子)の紹介でたくさんの日本人に会い、時間をかけて一緒に働く人を検討したんだ。その結果、初めての海外進出にあたっては「la kagu」と組むのがベストだということになった。今回のポップアップをやってみてあらためて、2店舗目をもつなら東京がいいと感じたよ。

右は、BEST MADEの日本での活動をサポートしている、ニューヨーク在住のライター佐久間裕美子。

──東京のどのような部分を魅力に感じたのでしょうか?

何よりも、ニューヨークからとても遠くてほとんど地球の反対側だし、ぼくらの感覚とはまったく異なったクリエイティヴィティを東京のリテールのやり方に感じたことがいちばんの理由かな。そういった意味でいうと、ぼくは日本に輸出することには興味がない。そうではなく、東京に「店をもつ」ということが大事なんだよ。そればぼくにとって、日本のある部分をアメリカにもち帰るということでもある。実際、既にたくさんの日本のものを手に入れたと思っているよ。

ぼくは、日本がもつ「consistency」(一貫性)にとても引きつけられているんだ。その一貫性が何かを推測するのは傲慢だと思われるほどぼくは日本のことを知らないけれど、例えばアメリカのリテールは、ほとんどの取引が空っぽに感じる。ファストファッションの場合は特に顕著だしね。それに比べると、日本のショップではとても深い体験をすることができる気がする。

正直に言うと、ぼくはBEST MADEを「無印良品」のようにしたいと思っているんだ。

──それはずいぶん大きいですね!

確かに。でも、ぼくにとって大切なのはサイズじゃない。ロマンチック過ぎるかもしれないけれど、ぼくが無印良品をひとつの例として挙げるのは、彼らが品位と一貫性を保っているからなんだ。ビッグカンパニーでありながらそれができるのは、賞賛に値するよ。もうひとつ例を挙げるとすればパタゴニアで、彼らも非常に正しいステップを踏みながらここまで成長してきたと思う。

ただ、ぼくらのミッションは人々をエヴェレストに登らせることではなく「キャンプファイヤーに誘うこと」。だから、無印良品みたいに家電製品をつくることは決してない(笑)。そういうことではなく、ぼくが大切にしているのは、プロダクトのストーリーに投資をするということなんだ。多くのアウトドアメーカーが見落としているのは、好みのバックパックがあったとしても、そこにキャラクターがないことだと思う。そここそが、ぼくらが価値を発揮できるポイントだと思うんだ。だからこそぼくらは、斧にペイントしているんだよ。

関連記事キャンプファイヤーへと人を誘うストーリーテリング──ピーターの過去インタヴュー

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN bestmade_3

1/2BEST MADEというブランドの誕生にもつながったカラフルな斧。ロンドンの「サーチ・ギャラリー」で常設されているという事実が、そのデザイン性の高さ、ストーリー性の豊かさを物語っている。斧にまつわるストーリーは、佐久間裕美子によるこちらの記事で。

bestmade_4

2/2ピーターはBEST MADEが扱うプロダクトのすべてをディレクションしているが、その体制は日に日に強化されている。最近も、アメリカのアパレルメーカー「Archival Clothing」のデザイナーを迎え入れている。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN bestmade_3

BEST MADEというブランドの誕生にもつながったカラフルな斧。ロンドンの「サーチ・ギャラリー」で常設されているという事実が、そのデザイン性の高さ、ストーリー性の豊かさを物語っている。斧にまつわるストーリーは、佐久間裕美子によるこちらの記事で。

bestmade_4

ピーターはBEST MADEが扱うプロダクトのすべてをディレクションしているが、その体制は日に日に強化されている。最近も、アメリカのアパレルメーカー「Archival Clothing」のデザイナーを迎え入れている。

──では、いままでつくっていないものでこれからつくりたいものはなんですか?

「パッケージ化されたプロダクト以上のもの」をつくることだね。例えば、ツーリストとなってただ単に経験するのではなく、プロダクトをもつことで「BEST MADE Experience」が感じられるようなことをやってみたいと考えているんだ。

BEST MADEの世界は元素記号表みたいなもので、ぼくはそのチャートを埋めているような気分なんだ。斧が最初にあって、ハイキングブーツがあって……といった具合にね。

──それは、旅行代理店のようなものをやりたい、という意味でしょうか?

結果として、もしかしたらBEST MADE的な旅行代理店ということになるかもしれないね。でもそれはもっと教育的というか、実際にものをつくることを学んだりする体験になると思う。「あなたの斧を買う余裕はないけれど、おじいちゃんの錆びた斧はもっているんです。どうすればいいですか?」と聞く人がいたら、「じゃあリストアする方法を教えるよ」といった感じでね。ぼくは小さな農場で育ったから、何かが壊れたら自分で直すものだ、という意識がまだどこかにあるんだよ。

「Edutainment」という言葉を知っているかい? EducatingとEntertainingを合わせた言葉だけれど、ぼくはそこにたくさんの可能性があると思っているんだ。

──それではいつの日か、BEST MADE B&B[Bed and Breakfast:英語圏各国における小規模な宿泊施設]ができたりするのでしょうか?

それはいいね! まあ、B&Bよりはキャンプのほうが好きだけどね。ニューヨークには、キャットスキルというとても美しい州立公園があるんだよ。森に入ると、子ども時代に戻ったような気分を味わうことができる。

よく人に、「自然のなかにいることのメリットは何か」と訊かれるけれど、ぼくはいつも、「イマジネーションのトリガーを得られることだよ」と答えている。都会にも想像力を引き出す場所はあるけれど、そこでは決してえられないものが、自然の中にはある。だからこそ、多くの子どもたちが暗い森にやってくるんだ。そうした体験へと人を導ける何かを、BEST MADEを通じて、これからも生み出していきたいと思っているよ。

BEST MADE|ベストメイド
NYでグラフィックデザイナーとして活動していたピーター・ブキャナン・スミスが、2009年に立ち上げたアウトドアブランド。『WIRED』日本版では、スミス氏の人柄やブランド誕生までのヒストリー、そしてデザイン性とクラフトマンシップが結晶したグッズの完成度に惚れ込み、2012年以来折に触れて紹介をしてきた。そんなBEST MADEが、現在日本でポップアップショップを開設中。場所は、神楽坂にあるキュレーションストア「la kagu」。ブランド誕生に寄与した斧をはじめ、これまで通販でしか手に入らなかった数々のグッズを、直に手にするまたとないチャンス! 6月30日までにつき、興味がある方は急ぐべし!

新宿区矢来町67番地「la kagu」2F (営業時間)11:00〜20:00/不定休
TEL.03-5227-6977 www.lakagu.com

TAG

Best MadeDesignHandcraftOutdoorRetail