写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●アニメの話ができる人が周りに少なくて…
ゴールを決めるたびに、好きなフィギュアを一つプレゼント――。

そんなユニークなスポンサー契約が、サッカーファンやアニメファンの間で話題になっている。フィギュアメーカーのコトブキヤと、東京ヴェルディのキャプテン・井林章選手が交わした、世にも珍しい「フィギュアパートナー契約」だ。ちなみに東京ヴェルディとの契約ではなく、井林選手との個人契約である。それにしても、ゴールを決めるたびに報酬がもらえるのはわかるとして、なぜそれがフィギュアなのか?

ファンにはよく知られた話だが、実は井林選手、サッカー界きってのアニメ好きなのである。それも、キャラ付けとか、イメージ戦略とか、そういう"まがい物"ではない。正真正銘、ホンモノのアニオタなのだ。

そんな井林選手の活躍の影響かどうかは定かではないが、最近ではサッカーとアニメによる異色のコラボ企画が次々に立ち上がり始めた。例えば、東京ヴェルディ、FC岐阜、水戸ホーリーホックの3チームがそれぞれアニメ作品とコラボして試合を行う「アニ×サカ!!」。

従来のサッカーファンだけでなく、多くのアニメファンを動員し、コラボグッズの物販や声優イベントなども開催した。先日、行われた水戸ホーリーホックとの試合では、井林選手もゴールを挙げ、チームの勝利に貢献。同時にフィギュアパートナー契約から2体目となるフィギュア獲得の権利を得た。井林選手はいったい、どんな道を歩んでアニメ好きになったのか。「サッカーとアニメ」というテーマでインタビューを試みた。

○きっかけは姉の影響で『コードギアス 反逆のルルーシュ』を見たこと

――井林選手がアニメ好きとして知られるきっかけになったのは、サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』本紙の一言紹介欄に「アニメ『フォトカノ』の最終回に一言言いたい!」というコメントが載ったことだったと記憶しています。

そうでしたね。あの時、記者の方と話していて、なぜかたまたまアニメの話になったんですよ。それで、当時やっていたアニメの話をしたら、それがそのまま記事になってしまったんです。

――サッカーの話題から、"たまたま"アニメの話に……?

う、うーん。どういう経緯だったのかな……もう覚えてないんですよね(笑)。

――井林選手はいつからアニメを見るようになったのですか?

広島が実家なんですが、テレビがリビングに一つしかなかったんです。そのテレビでは、いつも母と姉がアニメを見ていまして、僕も一緒に見ていました。

――ご家族がアニメ好きだったんですね。

特に姉がアニメ好きでしたね。アニメ好きというか、声優好きだったのかな。姉は『忍たま乱太郎』が好きで毎回見ていたのですが、毎回キャラを見て「◯◯さん!」って出てくる名前がぜんぶ声優さんなんです(笑)。当時は聞き流していましたが、今思うとすごいなと。

――なるほど。お姉さんの影響が大きかったと。

大きかったですね。あれが分岐点でした。今でも自分の軸になっていると思いますね。

――アニメにハマるきっかけになった作品を覚えていますか?

『コードギアス 反逆のルルーシュ』ですね。当時、高校生でした。最初は渋々見ていたんですよ。それしか見られなかったので。ところが、見ていくうちに、あれ? 面白いぞ? と。そこからアニメに興味を持ち始めました。『コードギアス』はとにかく伏線が張り巡らされた綿密なストーリーが魅力なんです。キャラクター一人ひとりの性格も個性的で、駆け引きがあって面白い。ピリピリした状況が続くので、目が離せないんですよ。

――大好きなことが伝わってきます(笑)。

好きなことになるとテンションが上がってしまうんです。アニメの話ができる人が周りに少なくて、こういう機会をいただけると、どうしても喋っちゃう。「好きなことにはやたら突っ込んで話したがるよな」って周りからもよく言われます。逆に興味のないことは、まったく喋らないらしいです。何を喋ればいいかわからないので、とりあえず聞くだけで「ふーん」って相槌を打っています。自分が知っている話題になると、一気にスイッチが入ってしまうんですよね。

●今期の注目作は『アルスラーン戦記』『血界戦線』『パンチライン』
――ということは、今はテンションが上がっている状態?

そうです。どんな話題が来るのかなってワクワクしています!(笑)

――それではぜひ、大学以降のアニメライフについても教えてください。

大学に入って、一人暮らしをするようになってから、アニメ好きがちょっと過激になってきます。大学に入ってから見ていた作品で印象深いのは、『コードギアス』の2期。それも面白くて、ずっと見ていました。あとは『喰霊-零-』と『Fate/Zero』が特に印象に残っていますね。『Fate/Zero』は今でも本当に大好きです。

――大学時代、チームメイトにアニメ好きはいなかったんですか?

いなかったですね。だから、好きな作品を薦める布教活動をサッカー部でやっていました。でもあまり好きになってくれなかった……という。

――それはちょっと寂しいですね。

友達はどっちかいうと、可愛い系のアニメに行ってしまったんですよね。『迷い猫オーバーラン!』とかそっちの萌系が好きになったみたいで。僕はどっちかいうと熱いアニメが好きなんですよ。もしかして僕はちょっとズレてるのかなって。

――十分に布教活動が成功しているように思えます(笑)。

えっ、そうなのかな。

○コラボを通して、アニメファンにもサッカーの魅力を広めたい

――ユニークなコラボ企画についてもお話を聞かせてください。フィギュアメーカーのコトブキヤさんと、フィギュアパートナー契約を結ばれていますよね。昨年、見事にフィギュアをゲットされ、今年も契約を更新されました。

そうなんです。しかも応援していただいた方もフィギュアがもらえるということで、うれしいですよね。自分もどんな形であれ名前が挙がるのはうれしいです。ポジションがディフェンスということもあり、1点の重みが大きいなと思います。

――ゴールへの意識に変化も?

チーム中心でやっているので、勝利に貢献するという意味でも、セットプレーなどは大事にしています。でも、やはり「アニ×サカ!!」などの試合では、より強くゴールを意識しますね。自分が決めたら何か起きそうだなと思いますし、フィギュアがいただけるという意味で2倍の喜びがありますから。

――その「アニ×サカ!!」についても聞かせてください。アニメとサッカーのコラボイベントとしてスタートし、東京ヴェルディは『甘城ブリリアントパーク』とコラボしました。3月21日の第3節では、井林選手も見事にゴールを決めています。

勝利に貢献できたのはうれしかったですね。それに、「アニ×サカ!!」にはアニメが好きな方も来てくれました。自分はあまりSNSをやらないのですが、やっている選手から、そうした方から直接コメントも届いているようです。サッカーに興味を持ってくれる人が増えるのはうれしいことですね。

――アニメ作品のゲームフラッグを掲げるファンもいますよね。

そうなんです! ピッチからもよく見えるんですよ。漫画家の高田桂先生によく作っていただいています。『コードギアス』のゲーフラなんかはすぐわかります。前の方にあるし、色使いが普通のゲーフラとぜんぜん違うので(笑)。本当にうれしかったですね。

――井林選手は「アニ×サカ!!」の企画にも関わっておられるのでしょうか。

いえ、直接は関わっていないですね。当日、物販なども見せていただいたのですが、とても良かったと思います。以前にコラボしたアニメ『とある科学の超電磁砲』の美琴のユニフォームなんかは本当に欲しかった(笑)。

――「アニ×サカ!!」に対するチームメイトの反応などはいかがでしたか?

皆、試合に集中していたので、あまり気にしていなかったですね。「アニ×サカ!!」でかかるBGMは基本的にアニソンなんですけど、「この曲は何?」って僕に聞いてくることは多かったかな。

○今期の注目作は『アルスラーン戦記』『血界戦線』『パンチライン』

――井林選手に聞けばわかるというのは、皆さん、ご存知なんですね。井林選手はアニソン好きでもあると伺っています。

アニソン、いいですよね。iPodに入れてある曲の7割くらいはアニソンです。全部がアニソンっていうのはまずいかなって思って、J-POPもぼちぼち入れてありますけど。アニソンが好きだから見ているアニメもあるんですよ。

――といいますと?

大学のときの話ですが、『けいおん!』は歌がマジで好きでした。アニメ自体は普段あまりハマらないタイプの作品だったんですが、歌が大好きで見ていましたね。やっぱり声優さんが良いからかなって思うんですよね。声優さんの声が好きなんです。

●たまにアニメを敬遠する人がいますが、日本にいて何で? って思います
――お姉さんの影響でしょうか。

少なからず影響はあるかもしれません。声で惹かれるキャラクターもいますからね。

――好きな声優さんは?

釘宮理恵さんの声があまりにも好きすぎて、ちょっと病気かなって思うくらい。『銀魂』の神楽が特に好きですね。頭に残るじゃないですか。落ち着かない感じがいいんですよ

――では、今期のアニメについてもお聞きします。注目の作品は?

注目しているのは『アルスラーン戦記』。前に見ていた『キングダム』が好きだったのですが、雰囲気が少し似ている気がします。ぜひ、花を咲かせていただきたいですね。それから、『血界戦線』も安定していると思います。意外と『パンチライン』も嫌いじゃないです。他にもいろいろあって、絞り切れないですね。

――かなりご覧になっていますね。

見ることのできるアニメは全部見ますね。クールが終わる頃になると、来期は何があるのか調べて、全部予約しています。

――それだけ多いと時間のやりくりも大変では?

リアルタイムでは見られない作品が多いので、撮り溜めして、まとめて見ることが多いですね。練習から帰って、たしか今日はあのアニメがあったよなとか思いながら、とりあえず録画の一覧を見ます。オフの日はまだ見てない回を見たり、溜めたまま見ていない作品もあるので、それを消化したりしています。それでも溜まってしまうんですよね。見なきゃ見なきゃとは思っているんですけど。アニメ、多いですよね。全部見ている人っているんでしょうか?

――いるかもしれませんが、サッカー選手にはいないのではないかと……。

そうなんでしょうか……。

――井林選手にとってアニメとはどんな存在なのでしょうか? サッカーの息抜き的なものですか?

息抜きというわけではなく、日常の一部ですね。見ていて面白いから見ているだけなんです。もう習慣になっているんですよ。

――習慣(笑)。今後、サッカーとアニメのコラボがますます盛り上がってくるのではないかと思いますが、井林選手としてやってみたいことなどはありますか?

自分としては……あまりないんですよね。表に出るのが恥ずかしいので……。

――例えばアニメから声優としてのオファーがくるかもしれませんよ。

それ、ちょっと考えたことあるんですけど、まずいと思うんですよ。だって、アニメファンからしたら、お前誰だよってなるじゃないですか。それが怖いんですよ……。

――声優以外が声優をやることについては批判も多いですもんね……。ただ、井林選手なら好意的に迎えられると思いますよ。では、サッカーとアニメ全体の関わりについて、今後の期待や展望などは?

今はまだアニメとコラボしているチームは少ないので、色々な地方の色々なチームがどんどんアニメと絡んで、限定グッズなんかが増えてきたら、ファンもうれしいんじゃないかなと思います。地域の発展という意味でも良い取り組みだと思いますし、色々な地方の、普段関わらないような方に来てもらえるので、地域振興にもつながる。サッカーとアニメがコラボすることで、アニメファンにはサッカーの、サッカーファンにはアニメの魅力が伝わることを期待しています。

――最後に井林選手の今後の目標を教えてください。

目標というのとはちょっと違うかもしれませんが、アニメを見ることをやめたくはないですね。アニメ文化は世界的に見ても日本が突出していますし、ずっと好きでいたいと思います。たまにアニメを敬遠する人がいますが、日本にいて何で? って思います。イメージが良くないのかな。そういう人たちにも自分がアニメの魅力を広めていきたいですね。

――サッカー選手としてはどうでしょうか。

自分がステップアップしていくことが大事だし、今年はキャプテンとしてやらせていただいている以上、チームを上に引っ張っていきたいと思いますね。

プロサッカー選手でありながら、忙しい毎日の合間を縫って、放送されているアニメのほとんどを見ているという井林選手。サッカーとアニメを結びつけ、盛り上げていくことができるとしたら、それができるのは井林選手をおいて他にはいないだろう。コトブキヤのフィギュアパートナー契約も今年で2年目。すでにゴールを挙げてフィギュア獲得が決定している井林選手のさらなる活躍に期待したい。

■プロフィール
井林章
1990年9月5日生まれ 広島県出身。2009年、関西学院大学在籍時に第87回関西学生サッカーリーグ優勝、新人賞も獲得。2013年に関西学院大学を卒業し、同年に東京ヴェルディへ入団。2014年シーズンの背番号は3。東京ヴェルディのオフィシャルサイトでは、「プライベート編」のホームタウンに、甘城ブリリアントパークを挙げている。座右の銘は「友情こそ最高の戦術」。

(山田井ユウキ)