TVチャンネルを「脳波」で選ぶシステム:BBCが開発

写真拡大

英国BBCが、「脳波」のみを使ってオンラインアプリで番組を選び、視聴できるシステムの実験を行った。10秒間意識を集中すると、再生が開始されるのだ。

「TVチャンネルを「脳波」で選ぶシステム:BBCが開発」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国放送協会(BBC)のデジタル部門が行った最新の実験で、参加者たちが「脳波」のみを使ってオンラインアプリでテレビ番組を選び、視聴することが可能になった。

BBCは、ユーザー・エクスペリエンススタジオ「This Place」と共同でこのプロジェクトを実行。脳波を読み取るためのシンプルで低コストなヘッドセットを用いて、「Mind Control TV」と呼ばれるプロトタイプを完成させた。

初となるテストでBBCのスタッフ10人が実際にアプリを試してみたところ、脳の電気活動のみを使って実験用の「BBC iPlayer」にアクセスし、番組を選んで視聴することができたという。

関連記事:脳波で交信できるアートな液体「ソラリス」

この脳波記録(EEG)用のヘッドセットでは、2個のセンサーを使用する。ひとつは額に、もうひとつは片側の耳に取り付けられて、脳の電気信号を測定するのだ。ユーザーは「入力方法」として「Meditation(瞑想モード)」か「Attention(集中モード)」のどちらかを選ぶことができる。

ユーザーが「Attention」を選択すると、ヘッドセットとアプリがユーザーの「集中」レヴェルを測定。測定されたレヴェルは脳波の「ヴォリュームバー」でスクリーンに表示される。その集中が一定のレヴェルに達するとメッセージが送信され、具体的な動作が実行されるのだ。

次にユーザーは、BBCの番組を5つ提示される。それぞれの番組は10秒ごとにハイライト表示され、ユーザーは見たい番組が表示されているときに10秒間意識を集中すると、その番組が再生された。

BBCはこれまでも、家庭用ゲーム機「Xbox One」向けのBBC iPlayerアプリの音声制御といった、同局のデジタルコンテンツへのアクセスを可能にするさまざまな方法を開発している。

いつの日かMind Control TVによって、「運動ニューロン病(MND)」や「閉じ込め症候群」などの障害を抱える人々も、オンラインエンターテインメントにアクセスできるようになる日が来るかもしれない。

TAG

BBCBrainControllTVWIRED UK