Doctors Me(ドクターズミー)- 医師が教える!更年期のメカニズム!

写真拡大

更年期は何歳くらいに訪れる?

「更年期」とは、閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。 初潮の年齢が人それぞれに異なるように、閉経の年齢にも個人差がありますが、日本人女性は50歳前後といわれています。このため、一般的には45〜55歳が「更年期」といわれる期間になります。

更年期の症状は、月経不順が始まるのと前後して、突然顔が熱くなったり、汗が止まらなくなったりするホットフラッシュ、めまい、発汗、動悸、頭痛などの身体的な症状のみならず、イライラ、抑うつなどの精神的な症状が起こることがあります。

今回はこの更年期について、医師にお話を伺いました!

更年期のメカニズムは?

更年期が起こる原因は、女性ホルモンのバランスの崩れです。 エストロゲン(女性ホルモン)の分泌をコントロールするのは、脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分です。

45歳を過ぎるころから、いくら下垂体がエストロゲン分泌の指令を出しても、卵巣機能の衰えによってエストロゲンは出にくくなります。 これを受けて、下垂体はさらに分泌の指令を出すのですが、分泌されません。このために脳が混乱をきたします。

視床下部は、体の様々な機能を調整する自律神経もコントロールしているため、この混乱が自律神経にも伝わり、のぼせや冷えなど様々な不調が起きてしまうのです。

更年期中の不正出血は注意が必要!

では、更年期になると、生理痛は軽くなるのでしょうか?それとも重くなるのでしょうか?

これは、更年期の症状がどれほど強くでるのかが個人差があるのと同じで、生理痛が軽くなるか、重くなるか、は個人差があります。

閉経前後には月経なのか不正出血なのかわからない出血や、持続する出血などがありますが、ここで気をつけたいのが子宮や卵巣の病気の可能性です。 この時期は月経と不正出血の見分けが難しい時期ですので、子宮がんなどの病気による不正出血が隠れていると見逃してしまう場合があります。 不正出血が見られた場合には放置せず婦人科を受診するようにしましょう。

医師からのアドバイス

現在、更年期の症状がある場合、治療を行うこともあります。 ホルモン補充療法、漢方などを使った治療法があります。 更年期の症状に悩んでいる場合には、婦人科を受診し、相談してみてくださいね。