みずみずしいお肌を作るために欠かせないのがビタミンCですが、粘膜を強くして風邪を予防する効果や、老化のもとになる活性酸素を除去する働きも知られています。積極的に摂りたいビタミンCですが、熱や水に弱いという性質があります。ここでビタミンCの特徴を確認し上手に摂取しましょう。

ビタミンCは失われやすいデリケートなビタミン

ビタミンCは熱に弱いという特徴があります。ホウレン草や芽キャベツなどはビタミンCが豊富な野菜ですが、長時間加熱するとビタミンCが分解されてしまうことに。調理をするなら短時間で手早く済ませましょう。またビタミンCは水に溶けやすく、長時間水にさらすとどんどん失われてしまいます。これはビタミンCが水溶性ビタミンであるからなのですが、体内のビタミンCも水分と一緒に排出されやすいという特徴があります。ビタミンCのパワーを実感したければ、こまめに補給する必要があります。

注目したい! ジャガイモのビタミンC

ビタミンCといえば、生野菜やフルーツを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実は、ジャガイモもビタミンCが豊富な野菜。含有量は100g中35mgとホウレン草とほとんど同じなのです。しかもジャガイモなどイモ類のビタミンCには熱に強いという特徴があります。豊富なデンプンに守られているため、加熱してもあまり失われません。時間がたってもあまり減少しないので、コロッケやポテトサラダ、肉じゃがなど、どんどんジャガイモを食べましょう。

ビタミンCと組み合わせるといい栄養素はコレ

モテ美肌になりたいなら、ビタミンCとコラーゲンを一緒に摂りましょう。コラーゲンは肌の70%を構成する美肌に必須の栄養素ですが、ビタミンCの働きで生成されます。美肌のためには見逃せないですね! 老化を予防するビタミンCの抗酸化作用に着目するなら、ビタミンA、Eと一緒に摂りましょう。ビタミンCは水の中で効果を発揮しますが、ビタミンAやEが効果を発揮するのは脂肪の中です。一緒に摂取すれば、全身でバランスよくアンチエイジングができます。骨粗しょう症を予防したいなら、カルシウムとビタミンCを一緒に摂取することで、骨をより強くすることができます。


writer:岩田かほり