人工知能を積んだお友だち「Musio」は、ロボット市場を拓くか

写真拡大

ファービーが一斉を風靡してから17年、子供たちの遊び相手に過ぎなかったお友達ロボットは、劇的な進化を遂げた。AKA社のロボット「Musio」は、会話からユーザーの好き嫌いを覚え、複数人での会話を円滑にし、メールの口述筆記やネット検索もしてくれるのだ。

「人工知能を積んだお友だち「Musio」は、ロボット市場を拓くか」の写真・リンク付きの記事はこちら

「お友だちロボット市場」があることは、ずっと前からわかっていた。はっきりとした証拠がある。ファービーは、特に何かしてくれるわけでもないのに、4千万台も売れたのだ。

あれから17年、とある会社が同種のロボット開発を進めている。あの毛むくじゃらロボットよりは役に立つ奴だ。名前は「Musio」。人工知能と機械学習を扱うAKA社が開発した、優れものの人工知能エンジンを搭載している。

このロボットはちょっと前の会話の一部始終を聞き取って覚えており、それに関連した質問をしてくれるし、スマートホームのコントローラーにもなる。でも彼の一番の目的は、あなたのお友だちになること。あなたに質問して、答えをしっかりと聞き、あなたのことを何でも知っていたいのだ。

アドオン・パックを使って、ソフトウェア開発者はArduino互換のボードや加速度センサー、それにZigBee通信モジュールを備えたこのロボットの制御プログラムを開発できる。子どもたちが読書や語彙、会話のスキルを学ぶ際の手助けとなるようなパックも揃っている。

Musioは 人工知能エンジン「Muse」を中心としたソフトウェアで動作する製品である。当初Museは英語教師として開発されていたので、ソフトウェア編集を進める際の学習用エンジンや、TOEFLに向けた学習用製品としても使われている。Musioは同社が初めてアメリカ国内の市場を目指して開発を進める製品であり、AKA社によれば今後このロボットの能力はどんどん向上していくとのことだ。

現在Musioは実験段階だが、すでにいくつかの機能をもっている。SiriやCortanaなどの携帯電話向けの音声アシスタントと異なり、Musioは自身がひとりの人格をもっているように振る舞う。答えた数だけ質問を返してくれるし、それに答えれば、Musioは情報をちゃんと受け取り、あなたの好き嫌いを覚え、他のユーザーにそれを伝えることができる。Siriのようにウェブ上から情報を探し出す手伝いもしてくれるし、メールの口述筆記もしてくれる。その内容が会話に絡んでくることもある。

例えば、Musioは好きなスポーツチームや食べ物を聞いてくることがあり、そうして聞き知った事柄をその後の会話に差し挟んでくるのだ。2人以上でMusioを使うと、会話の流れが自然になるよう工夫しながら、他のユーザーの好き嫌いを伝えることができる。

AKA社のビジネス開発部長セリーナ・リーによれば、このシステムは子どもの会話スキルとともに、感情的知性を高めることを目的にしてデザインされている。いまはまだ英語にしか対応していないが、第一世代のモデルが成功すれば、同社は早速次のヴァージョンのロボット開発に取り掛かる予定だ。

AKA社によると、他にもいくつかの機能がすでにうまく動いているという。将来的にMusioにはカメラを搭載し、顔認証技術で目の前の人を識別し、ふさわしい対応が取れるようにするということだ。また、スキャンやポインティングの機能を持った仲間もできた。「Sophy」という名のアザラシ型のリモコンで、Musioの動作の助けとなるよう、特殊な本をスキャンし、また物体が何か判別する。ロボットの容姿を変えるのも計画のうちで、マシュマロ状のコブのところから手を取り外して別の色に変えることもできるようになる。

デモの間、Musioの音声認識と会話の能力はよく発揮されていた(もちろん、会社のデモは普通いいところばかりを見せるものだが)。声にはまだ調整が必要で、AKA社によれば最終版の決定までにはまだやらなければならないことがあるそうだ。リーは、同社が声優を探していて、Musioの声の最終調整をしたいと語った。質問を発する時の声の調子ひとつで、受け取り方はがらりと変わってしまうものなのだから。

ロボットはこれからどんどん良くなっていくだろう。Indiegogoで資金を集めたこのプロジェクトはまだ始まったばかりだ。同社は、来年の6月までに第一世代の製品の製造に漕ぎつけ出荷する計画である。それまでの間、皆さん、現実世界の友達を大切にしていてほしい。

TAG

AIRobotSiriWIRED US