YouTubeはジャーナリズムになりうるか:「YouTube Newswire」

写真拡大

YouTubeでは、一般人が投稿するニュース動画が毎日500万時間以上視聴されている。そこから着想を得て誕生したのが、その日1日の最もニュース性の高い動画を届ける新サーヴィス「YouTube Newswire」だ。

「YouTubeはジャーナリズムになりうるか:「YouTube Newswire」」の写真・リンク付きの記事はこちら

プロのジャーナリストでなくとも、事件が起こった現場に偶然居合わせた人々が「ニュース動画」を投稿することがますます増えている。

多くの場合、目撃者たちが撮影した動画はYouTubeにアップされる。そしてYouTubeはいま、ジャーナリストがそれらの投稿動画をより利用しやすくする役割を果たそうとしている。

YouTubeは6月18日(米国時間)、「YouTube Newswire」を発表した。グーグルのNews Labを統括するオリヴィア・マーは、「その日1日で最もニュースとしての価値が高い動画をフィードするサーヴィス」だとブログ記事で書いている。

Newswire事業では、「世界初のソーシャルニュース通信社」であるStoryful社がYouTubeと提携(以下の動画)。一般から投稿された動画はすべて、同社の編集者が検証確認を行うという。

関連記事アップルはニュースを制するか

YouTubeでは、ニュース動画が毎日500万時間以上視聴されている。「重要なニュースストーリーに、新たな視点を提供する目撃動画に焦点を当てることにある」と、マーはNewswireの目的を説明する。

彼はブログで、ユーザーが投稿した動画が「世界で起きていることへの新たな視点を提供した」例として、イランの「緑の革命」やアラブの春、黒人青年を射殺した白人警官に大陪審が無罪評決を出したことに対してミズーリ州ファーガソンで起きた抗議デモ、フランスの風刺新聞『シャルリー・エブド』襲撃事件、さらに先日のネパールでの地震を挙げた。

関連記事「オープンソースマップ」が震災のネパールを支えた

さらにYouTubeはNewswireに関連した取り組みとして、新たな取り組みをほかにも2つ発表した。

ひとつは、「一般市民の撮影動画が、人権活動の効果的なツールになるようにする」ことを目指した団体「WITNESS Media Lab」との提携。もうひとつは、目撃者が撮影した動画の検証方法や、それらの動画を倫理的に適正なかたちで利用する方法について、ジャーナリストを教育することを目的としてつくられる団体「The First Draft Coalition」だ。そのサイトは今秋開設の予定だという。

TAG

Arstechnica USCitizen JournalismVideoYouTube