「仮性アレルゲン」と言う言葉を知っていますか。食物の中に自然に含まれたり、保存中に生成されたりする化学物質で、皮膚の赤みやかゆみなどアレルギーに似た症状を起こします。鼻炎、ぜんそく、湿疹などになっている場合は症状を悪化させることがあるため、注意が必要です。ここでは仮性アレルゲンになる成分と食品をご紹介します。

仮性アレルゲンになる成分と食品

仮性アレルゲンになる成分にはヒスタミン、セロトニン、アセチルコリン、チラミン、トリメチルアミンオキサイドがあります。それぞれの成分を含む食品をあげてみました。

ヒスタミンを含む食品

鶏肉、牛肉、サバ、マグロ、カツオ、なす、トマト、ほうれん草、えのきだけ、発酵食品

セロトニンを含む食品

トマト、キウイ、バナナ、パイナップル、メロン、アボカド

アセチルコリンを含む食品

なす、たけのこ、里芋、トマト、そば、まつたけ、ピーナッツ

チラミンを含む食品

チーズ、ワイン、チョコレート、アボカド

トリメチルアミンオキサイドを含む食品

タラ、カレイ、タコ、イカ、エビ、カニ、ハマグリ

つまり、アレルギー症状が出ている時は上記のような食品をなるべく控えるようにしてみるのも一つということです。

仮性アレルゲンの症状は?

仮性アレルゲンを摂るとすぐにアレルギーに似た症状が現れますが、1時間程度で回復します。ただし、過剰に摂取した場合は頭痛や皮膚の炎症、ぜんそくなどの症状を引き起こす場合があります。ヒスタミンを含むサバを食べてじんましんが出たという話は時々聞くかもしれませんね。たけのこを食べてのどに痛みを感じたり、ヤマイモをすって食べて口の周りにつくと赤くなったりすることがありますが、これも仮性アレルゲンの1つです。

仮性アレルゲンへの対処法

仮性アレルゲンを含む食品をたくさん食べ過ぎることや毎日続けて食べることは控えてください。食品調理の際に火を加えたり、あくをぬいたりすればアレルゲンが減少します。元々アレルギー症状がある場合は仮性アレルゲンを含む食品の摂取は避けましょう。仮性アレルゲンとは違いますが、香辛料や食品添加物でもアレルギーに似た症状がでることもあります。食品表示を見て、できるだけ刺激や人工的な食物は摂るのを控えましょう。


writer:松尾真佐代