左から竹内結子、橋本愛

写真拡大

映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』が、2016年1月30日から全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

『第26回山本周五郎賞』を受賞した小野不由美の小説『残穢』をもとにした同作。ミステリー小説家の「私」が、「私」のもとに「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という手紙を送った女子大生の久保さんと共に音の正体の調査を始めたことをきっかけに、部屋に残された「穢れ」を介し、場所と時代を超えて多層的に展開される事件の謎解きに挑む、というあらすじだ。原作は、小野が、「一生で一度しか使えないアイデア」を用いて執筆したという作品で、小野作品が実写映画化されるのは同作が初となる。

主人公の「私」を演じるのは竹内結子。「私」と共に事件の調査に乗り出す久保さん役を橋本愛が演じる。メガホンを取るのは、『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。中村が手掛けたOVA作品『ほんとうにあった呪いのビデオ』や映画『絶対恐怖 Booth ブース』のファンであった小野の希望で、中村監督による『残穢』の映画化が実現したという。

■中村義洋監督のコメント
昔は直球で「怖がらせる」ということに照れがあったのかもしれません。
でも、とても背後を気にせずには読めない小野さんの原作を受けて、今回は真っ向勝負、全力でお客さんを怖がらせようと思いました。
脚本を、超絶怖がりの竹内結子さんが、読み始めては挫折するというのを数週間繰り返したこと、そしてそんな結子さんと橋本愛ちゃんの美し過ぎる2ショットをモニターで観て、すでにこの映画の成功を確信しています。
こんな美しい二人があんな目に遭うなんて……お楽しみに!

■小野不由美のコメント
「映画化したいですね」と編集さんに言われたとき、「中村監督ならねー」と夢物語で応じたら、なんと実現してしまいました。それも嬉しいけど、中村監督が久々にホラーに戻って来られたのがさらに嬉しい。幸せです。