「ホリエモンからの挑戦状〜現金100万円山分けチャレンジ〜」

写真拡大

リクルートが提供するITエンジニア向け実務スキル評価サービス「CodeIQ(コードアイキュー)」は、2015年6月18日〜7月6日、元ライブドア社長の「ホリエモン」こと堀江貴文さんを起用した「ホリエモンからの挑戦状〜現金100万円山分けチャレンジ〜」キャンペーンを開催している。

サービス3周年を記念

CodeIQは、ITエンジニアがプログラミング関連の問題に「挑戦」し、解答を通じて自らのスキルがわかるサービスだ。出題したエンジニアからの評価フィードバックをもらえるほか、優秀な解答であれば企業からのスカウトもある。

そんなCodeIQが、サービス開始3周年を記念して、かつてエンジニアとして活躍していた堀江さん監修の問題を出した。キャンペーンのタイトル通り、正解者全員に総額100万円を人数で割った金額がプレゼントされる。

キャンペーンを記念して、サイト内の「CodeIQ MAGAZINE」で、堀江さんのインタビュー記事を掲載。プログラミングとのかかわり方や、モノを生み出すエンジニアの本質について話しているという。