<全米オープン 最終日◇22日◇チェンバーズベイGC(7,384ヤード・パー70)>
 ワシントン州にあるチェンバーズベイGCで開催された、2015年の米国男子メジャー第2戦「全米オープン」は、トータル4アンダーの首位タイでスタートした21歳のジョーダン・スピース(米国)がトータル5アンダーで抜け出し、「マスターズ」に続くメジャー2連勝で幕を閉じた。マスターズ、全米オープンの2連勝は史上6人目の快挙で、02年のタイガー・ウッズ(米国)が達成して以来となる。
マスターズでグリーンジャケットに袖を通すスピース
 16番で約5メートルのスライスラインをねじ込んで、2位に3打差をつけたのも束の間。続く17番パー3ではティショットを右のブッシュに外してダブルボギーを叩いて後続に並ばれた。それでも、最終18番パー5で601ヤードを2オンに成功。手前からのイーグルパットは惜しくも外れたもののバーディとしてホールアウト。最終組のプレーを待った。
 最終組を回ったのはダスティン・ジョンソン(米国)。17番のバーディでトータル4アンダーとして最終ホールを迎えた。ティショット、セカンド共に会心のショットで4メートルのイーグルチャンス。決めれば優勝。2パットのバーディでもプレーオフだ。しかし、幕切れはあっけなかった。上からのイーグルパットを1メートルオーバーさせると返しも外して3パットのパー。この時点でスピースの優勝が決まった。
 プレーオフも覚悟しただけに、優勝決定時は驚きの表情も浮かべた。だが、その思いはすぐに特別な思いを持つこのコースでのナショナルオープン制覇という充実感に変わった。
 このチェンバーズベイはキャディのマイケル・グレラー氏がスピースのキャディを務める前に働いていたコース。グレラー氏は昨年このコースで結婚式も挙げている。それだけに、この勝利はやはり格別だ。「彼は僕の右腕。僕がやったすべてのことは、彼がやったといっても過言ではない。彼にこの勝利をささげたい」。
 メジャー2連勝により俄然4大メジャーを同一年に勝利するグランドスラムへの期待も高まる。次なるメジャーはセントアンドリュースで開催される「全英オープン」。「とにかく次に集中したいと思う。十分な準備ができれば、もしかしたら達成できるかもしれない」。聖地での主役もこの21歳だ。
【最終結果】
優勝:ジョーダン・スピース(-5)
2位T:ダスティン・ジョンソン(-4)
2位T:ルイ・ウーストハウゼン(-4)
4位T:アダム・スコット(-3)
4位T:キャメロン・スミス(-3)
4位T:ブランデン・グレース(-3)
7位:チャール・シュワーツェル(-2)
8位:ブラント・スネデカー(-1)
9位T:ローリー・マキロイ(E)
18位T:松山英樹(+3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>