Doctors Me(ドクターズミー)- 月に一度やってくる、生理痛。《痛み止め》を飲む?飲まない?

写真拡大

憂鬱な生理痛。痛みがひどいと薬に手が…

生理は女性に毎月訪れる憂鬱な時期ですよね。さらに生理痛がひどいと、気分はもっとブルーです。ではそんなとき、みなさんはどのように対処していますか?

今回は生理痛時に、痛み止めを飲んだ方がいいのかどうかを、医師に聞いてみました。

軽めの生理痛には市販薬がオススメ

生理痛の痛みが軽度のものであれば、ドラッグストアや薬局などで売っている、医薬品の痛み止めで対処出来ます。
一般用の医薬品の鎮痛薬には様々なものがありますが、プロスタグランジンの合成を阻害する作用のあるNSAIDs(イブプロフェンなど)を含む鎮痛薬がお勧め出来ます。

プロスタグランジンは、子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれるときの出血(経血)をスムーズに体外に出すことに一役買っている物質です。
しかし、これがたくさん出てくると、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような痛みの原因になります。 さらにやっかいなことに、この物質は痛みを強めるなどの作用もあるので、頭痛、肩こり、腰痛、胃腸の痛み、吐き気の原因にもなるのです。

痛み止めを使用するうえで重要なことは?

1. 自分に合う痛み止めを見つけること
飲んでからどのくらいで効き始め、どのくらい鎮痛効果が続くがを知っておくと安心して過ごせます。

2. 用法・用量を守ること
もし、決められた量を飲んでも痛みが治まらなければ、婦人科で相談、受診をしてください。
また、痛み止めは、胃腸障害(胃痛など)を起こすことがありますので、空腹を避けて服用することが大切です。

痛み止めを飲むと、「依存性がでてくるのでは」とか、「だんだん効かなくなってくるのでは」と心配する人がいる方もいるでしょう。 生理時に用法、用量を守って飲む程度であれば、心配をする必要はないでしょう。

よく「痛みは我慢するもの」と考えがちの人を見かけますが、痛みを緩和することは体力の消耗を防ぐだけでなく、生理に対する恐怖感を除くことからも、痛み止めの使用は、総合的に見て、健康状態の向上につながります。

医師からのアドバイス

以下のような症状がある人は要注意です。

・生理痛がどんどんひどくなる
・痛み止めを使う回数が増えてきた
・痛み止めが効かない
・毎月のように寝込む

これらの症状の背後には病気が隠れている可能性があるので、我慢しないで早めに婦人科を受診しましょう。