ショットは好調も…パッティングでやや足踏み(Photo by Andrew Redington/Getty Images)

写真拡大

<全米オープン 最終日◇22日◇チェンバーズベイGC(7,384ヤード・パー70)>
 ワシントン州にあるチェンバーズベイGCで開催されている、米国男子メジャー第2戦「全米オープン」の最終日。トータル3オーバーの19位タイからスタートした松山英樹は5バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの70で回り、トータル3オーバーで4日間の戦いを終えた。
批判も続出!チェンバーズベイゴルフクラブってどんなコース?
 松山はホールアウト後のインタビューで「もったいなかったですね。5番、6番はストレスが溜まった」とスコアを落とした2ホールについてコメント。6番では4パットで4日間連続となるダブルボギーを叩いた。
 4日間を振り返っては「ショットが良くないとチャンスが少ないコース。でも今日は良いプレーできたけど、締めとなるパターが入らないと伸ばせる雰囲気なのに伸ばせないということになる」と語った。
 残す2つのメジャーに向けては「2つともリンクスコースって感じなので、今週みたいな戦いになると思う。今日のようなショットをキープできるようにがんばって、パッティングをメインで練習したい」と語った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>