「EDを解消しようと頑張ることは、一石二鳥なんです。なぜなら、EDを克服する運動はすべて、魅力的な男性を作り上げることに通じていますからね」
 こう語るのは、元AV女優でスポーツジムのインストラクター経験もある竹下ななさんだ。

 当コーナーでは毎週、下半身力強化のためのプログラムを紹介しているが、実はそのほとんどが“トレーニング”である。愚息を元気にさせようとトレーニングを積むことで、当然、体型も日々変化して、格好いいボディーも作られていくものだ。
 「そう考えると、日々のトレーニングも一段とやりがいを感じられますよね。そこで今週は、アソコも元気になるし、女性から見て性的に色っぽい男性になれる運動を伝授しましょう」

 おおっ! これは楽しみだ。もちろん、トレーニングといっても、筋トレのように苦しいものではない。
 そもそも女性から見て“セクシーな男”とはどういうものなのか?
 「ズバリ、お尻なんです。当然ながら、厚い胸板や、太い腕も男性的な魅力ですけど、女性がムラッとくるのは男性の後ろ姿。見た目はオジサンでも、キュッと引き締まったお尻だと、女性は“セックスが強そう”と本能的に感じるんです」

 エロい尻を作り上げるトレーニングで一番おすすめなのが、『バックキック』だ。
 「やり方はすごく簡単です。まず、四つん這いになってください。両手は肩幅ぐらいの距離でOKです」

 肘は真っ直ぐに伸ばしておくこと。この状態から、片方の脚を後方にあげる。
 「ポイントは、上げた脚をできる限り伸ばすこと。やってみるとわかりますが、お尻のほっぺの部分に力が入るはずです。そこを意識して、脚を上げてください」

 脚を伸ばしきったら、元の位置に戻す。そして、もう片方の脚を同様に上げる。
 「この運動を、お風呂上りなどに左右10回ほど繰り返してください。最初のうちは、お尻の筋肉が筋肉痛になると思いますが(笑)」

 多少キツい運動だが、決してゼエゼエ苦しむほどではない。むしろ、程よく心拍数もあがり、体が火照り、血行も良くなる。
 「毎日する必要はありません。2日か3日に1回で大丈夫。また、筋肉痛が残っている時は、トレーニングをしなくても大丈夫です」
 この運動は主に、大臀筋・脊柱起立筋・ハムストリング(太もも裏側の筋肉)に効くトレーニングで、お尻は引き締まる効果も高い。

 だが、なぜ、下半身強化になるのだろうか?
 「陰茎周辺の筋肉は、まさにこの三つの筋肉なんです。若い男性の勃起力が強いのは、実はこれらの筋肉が発達しているから。ところが、加齢とともに、筋量は落ちていくので、当然、勃起力も弱まるんです」
 さらに具体的に言えば、若い頃はペニスが腹にくっつかんばかりに勃起したはずだ。その理由は陰部周辺の筋肉が発達していたからで、ペニスを支える力も強かったのだ。つまり、この三つの筋肉が鍛えられれば、まさに若かりし頃のように、ペニスが鋭角に立つ!

 格好いいお尻になって、アソコもどんどん若々しくなる…。『バックキック』は、モテオヤジ必見のトレーニングなのだ。

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。