コンパクトボディながら高速起動や映像のアップコンバートに対応

写真拡大

ソニーは、ブルーレイ(BD)プレーヤー「BDP-S6500」、「BDP-S1500」の2機種を2015年6月20日に発売する。

上位モデル「BDP-S6500」は4Kアップコンバート、ハイレゾ音源DSD5.6MHz対応

いずれもネットワーク接続に対応し、日本でも15年秋にサービス開始予定の「NETFLIX(ネットフリックス)」など動画配信サービスを楽しめる。コンパクトボディながら起動時間1秒以下、BD再生開始までにかかる読み込みなど高速化が図られている。インターフェイスはHDMI出力×1、同軸デジタル×1、USB×1、LAN×1など。

「BDP-S6500」は上位モデルで、4K画質へのアップコンバート機能を搭載。ディスク映像はもちろん、インターネット経由の動画やUSBに記録された動画を、より高画質再生できる。複数のアンテナを使用する「MIMO」対応無線LANを内蔵。

音楽再生では新たにDSD(5.6MHz/1bit)に対応するなど、CDを超える音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源を含む様々なオーディオフォーマットに対応。市場想定価格は2万円前後(税別)。

「BDP-S1500」はスタンダードモデル。全てのソースをアップスケール処理しプログレッシブハイビジョンで出力する「プレシジョンシネマHDアップスケール」搭載。市場想定価格は1万2000円前後(同)。