フェミニン&スタイリッシュ!アイスウォッチからボタニカルアイテム16種類が新登場

写真拡大

2014年に引き続き、今年も流行しているボタニカル柄。自然の植物から受ける爽やかな印象は、これからの季節も活躍してくれそう。そんな中、デザイン、カラーともに豊富なバリエーションが人気のベルギー生まれの腕時計ブランド「ICE-WATCH(アイスウォッチ)」から、ボタニカルをモチーフにした16アイテムが新登場した。さっそく、広報担当の榎本さんに新作について聞いてきた!
2015年6月20日(土)から販売を開始した、ハイビスカスやポピー、バラなどの花々が文字盤に描かれた「アイスフラワー コレクション」(各14040円)は全16種類。シリコンラバーのベルトはつけ心地がよく、時計部分は薄くて軽いユニセックスサイズ。サイズ調整も可能だから、腕にフィットするはず。

花柄といってもかわいいいだけではなく、どこかクールな印象を持ち合わせているのが魅力。「おすすめは、ハイビスカス柄に白ベルトを合わせた『レジェンド』、黒ベルトの『コローニアル』です。いずれも甘くなりすぎず、大人らしさがあるので、カジュアルから少しフォーマルなファッションまで、どんなコーディネートにも合わせていただけます」(同) 


フェミニン派には、「デージ」を。ネイビーに白い小花柄があしらわれ、キュートで清楚な女子のイメージにぴったり。そのほか、カラー×花柄のバランスが絶妙なラインナップがずらり。主張しすぎず、それでいて、コーデのアクセントになるものばかり。


「アイスウォッチでは、もともと文字盤に絵柄がデザインされているものは少なく、今年発売した『アイススカル』に続き、今回で第2弾となります。ボタニカル柄は今年限りのアイテムで、なくなり次第販売終了となります」(同)

さりげなくトレンドを取り入れて、おしゃれしたいという女子は要チェック。お出かけ&日常コーデをランクアップさせてくれるはず!