Doctors Me(ドクターズミー)- 新米ママに贈る、赤ちゃんとの初デートを思いっきり楽しむ15のヒント

写真拡大

出産後の楽しみのひとつでもある赤ちゃんとのお出かけ。季節によっても気を付けることが違いますし、生後何カ月くらいで外出したらいいのか…など、最初は何かと不安もありますよね。

そんな我が子との初めてのデートに出かける際に役立つ、とっておきのコツを医師が教えてくれました。

「何よりも赤ちゃんを優先する!」が鉄則

赤ちゃんを連れて出かけるときの基本は、赤ちゃんのことを優先的に考えて計画を立てることが大切です。子どもがご機嫌なら、親も楽しくなれるはずです。そこで医師の立場から、赤ちゃんとのお出かけに役立つ15の項目を考えてみみました。

1. スケジュールはみっちりではなく、時間に余裕をもって立てる。
2. お出かけの移動する距離は、できるだけ短くする。
3. 着替えを何着か余分に持参しておく。
4. おむつも忘れないように持参する。
5. 外出する前に赤ちゃんの体調をしっかり把握しておく。
6. 万が一、体調が悪い場合は、外出を控える。
7. 外出する時間を考える。
8. 寒かったり、暑かったりする時間を避ける。
9. 毛布やおくるみを持参する。
10. ガーゼ、ティッシュ、ウェットティッシュを持参する。
11. おしりふきを持参する。
12. 帽子を着用する。
13. ミルクや、お水、お茶などを持参する。
14. 必要に応じてUVクリームを持参する。
15. 外出先での思い出に、デジタルカメラやビデオを持参する。

外出前の体調管理は抜かりなく!

外出するだけでも赤ちゃんの体力は消耗されるので、出かける際は、朝から晩までといった長時間ではなく、日中の短時間ですませるようにすることも大切です。

また、外出を予定していたとしても、赤ちゃんの体調が悪いときは自宅でゆっくり過ごすなど、赤ちゃんの体調を最優先にするのは言わずもがな。外出する前に、赤ちゃんの体調を十分に把握し、万が一体調が悪かったり、ご機嫌が悪いと思ったときには、無理をせず外出を延期しましょう。

(監修:医師 佐藤 留美)