Doctors Me(ドクターズミー)- 出産後のニキビラッシュ、どうすればよい?

写真拡大

これまではニキビと無縁だったのに、出産後急激にニキビに悩まされるようになった。あるいは、ニキビが今まで以上に多くなった……などという肌トラブルに悩まされている方はいませんか?今回はそんな女性特有の悩みに医師が答えてくれました。

■ 産後ニキビの2大原因

産後のニキビと大人ニキビの違いは2つあります。ひとつめは、大人ニキビは顔の下半分にできやすいのに対して、産後ニキビは体中にできる可能性があること。そして、芯のある大きなニキビとなって現れることが多い点です。そんな、厄介なニキビができる原因を見ていきましょう。

1. ホルモンバランスの急激な変化
妊娠中は、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が多く分泌されていますが、出産後は急激に少なくなります。このようなホルモンバランスの急激な変化により、にきびや肌荒れなどの症状が現れやすくなるといわれています。

2. 育児疲れ&ストレス
疲れとストレスがお肌によくないことは周知の通り。24時間年中無休の子育て、そして、初めての育児では慣れないことばかりでストレスも溜まることでしょう。そんな疲れとストレスによって、肌の新陳代謝が低下すると古い角質が肌に留まりやすくなり、ニキビが……。

■ 産後ニキビ5つの改善策

1. 化粧品を見直す
産後も、できるだけ今までの化粧品を使い続けたい、という人もいると思いますが、肌トラブルに見舞われているのであれば、一度化粧品の見直しをしましょう。ちなみに、産後ニキビには刺激が少なくかつしっかり保湿ができるタイプの化粧品をチョイスして!

2. 睡眠を十分に取る
授乳中は数時間おきに起きて、睡眠不足になりがちです。そんなときでも睡眠をしっかり確保するには、赤ちゃんが眠っているときに一緒に寝てしまうことです。ずっと気を張っていては、お母さんの体ももちません。

3. たまには子育てから離れる
じつは、子育てがストレスになってはいませんか? 子どもを人に預けてリフレッシュをすることに罪悪感をもつ人もいますが、たまには自分の時間を楽しむことも大切です。そうすることで、肌トラブルの回避はもちろん、育児ノイローゼも未然に防げます。

4. 食生活を見直す
しっかりビタミンやミネラルを摂取できていますか? 子育てに追われてしまうと、どうしても食事が後回しになりがちですが、できるだけバランスよく栄養を摂るよう心がけましょう。

5. 便秘解消を目指す
しっかり食物繊維や水分は取れていますか? 便秘もニキビの原因になってしまいます。また、育児に追われるとトイレへ行く時間も逃しがちですが、便意を催した際には我慢はせず必ずトイレへ行くようにしましょう。一度でも、タイミングを逃すと便秘の原因になってしまいます。

■ 医師からのアドバイス

症状がひどいときは、早めに皮膚科へ行くようにしましょう。産婦人科でも診てくれるケースがあるので、一度かかりつけの医師に相談してみるのもよいかもしれないですね。