「結婚はすべての女性のあこがれ」。これまでずっと言われ続けてきた言葉ですが、イマドキ独女はそうでもなかった!? 今回、ニッセイから驚きの調査結果が発表されました。

■男性より女性のほうが「結婚したくない」!

ニッセイが5027名の独身男女を対象にした結婚に関するアンケートによると、「結婚したくない」「あまり結婚したくない」と答えた人が24%を占め、全体のうち約1/4が結婚に後ろ向きであることがわかりました。


男女別に見ると、男性が16.3%であるのに対し、女性は31%と男性の2倍近くの人が「結婚したくない」「あまり結婚したくない」と回答しています。


年代別に見ると、20代は男性が10.1%、女性が7.8%と男性のほうがやや結婚に消極的であることがわかりますが、30代以上になると男女の差が逆転。40代以上からは男性に倍近い差をつけて、女性のほうが結婚に後ろ向きであると答えています。40歳を超えると「一人で生きる」と割り切る独女が多い!?

■結婚したくない理由第1位は「一人でいるのが好き」


結婚したくない理由は、男女ともに「一人でいるのが好き」がトップの回答でした。男女の回答を比較すると、「経済的な不安がある」と答えたのが、男性は16.4%だったのに対し、女性は4.2%。一方「結婚にプラスのイメージが持てない」という理由は、男性が17.1%だったのに対し、女性は29%とこちらも大きな差がつきました。


特に「結婚にプラスのイメージが持てない」は、60代以下の全年代女性の回答数が男性よりも多い結果となりました。男性よりも女性のほうが、結婚を現実的かつシビアに見ているのかもしれませんね。

■結婚のイメージが悪い!? 「なんとなく」という理由も2割超え

また男性の22.5%、女性の19.6%が「なんとなく」という回答を選ぶアナリスト泣かせの結果に。結婚が当たり前だった時代と比べ、今は結婚観の変化や価値観の多様化が進んだこともあり、「特別な理由がなければ結婚する必要もない」と考える人が増えたのかもしれませんね。

あなたは結婚したいですか?

■参考

6月:「結婚」に関する調査結果について - ニッセイ インターネットアンケート

(ライター:らいら)