お尻の問題、そう「痔」を抱えているとトイレに行くのが本当に憂鬱ですよね。痔にはさまざまな種類がありますが、いずれにせよ症状が悪化すると本格的な治療が必要になります。そこで今回は「痔の症状」を悪化させないために行うべき3つの習慣をご紹介しましょう。

とにかくいきまないこと!

できるだけトイレでいきまないようにしましょう。そのためには排便にかける時間を短くする必要があります。目安は3分以内。排便するのにそれ以上時間がかかりそうなら、一旦トイレからでて次のタイミングを見計らったほうが良いでしょう。本来、スムーズなお通じとはいきまないもの。もしいきまないと出せないのであれば、便が硬過ぎるサイン。水分摂取量や食事の内容を見直し、スムーズに出るように腸内環境を整える必要があります。

お通じの後、お尻を清潔に

ウォシュレットの普及によってお尻の問題から解放されたという人は実は少なくありません。スムーズなお通じの方は、トイレットペーパーで何度も拭く必要がないほどキレがよいはずですが、便の状態が悪いと何度拭いても拭き終わらないということになります。こういった時、お尻はなかなかキレイにならず、しかも摩擦によって症状が悪化することも。お尻が痛い時はお通じのあとにお湯で軽く流す、ウォシュレットを活用するなどし、清潔に保つようにしましょう。それだけでも悪化を防げます。外出先でウォシュレットを使いたくない場合は、ウエットティッシュで軽く拭き取るのもおすすめです。

長時間、同じ姿勢で居続けない

これは予防策でもありますが長時間立ちっぱなし、座りっぱなしと、同じ姿勢で居続けると、それだけ肛門に負担をかけることになります。こまめに動いて軽い体操をしたり、何か取りにいく用事をみつけて数歩歩くだけでも、痔の予防に繋がるのです。

ちょっとしたことに気をつけるだけで症状の悪化を防げることがわかりましたか?よく噛まないで食事をする、消化の悪い物を食べるといったことも症状を悪化させますので要注意です。


writer:山口 恵理香