堕ちたヒーロー、アームストロングの栄光と没落を描く『The Program』

写真拡大

癌を克服後に奇跡的な復活を遂げて、プロ自転車ロードレース界の頂点に立ったランス・アームストロングの栄光と没落を描いた映画『The Program』。予告編を紹介。

映画『The Program』は、癌を克服後に奇跡的な復活を遂げて、プロ自転車ロードレース界の頂点に立ったランス・アームストロングの栄光と没落を描いている。

「堕ちたヒーロー、アームストロングの栄光と没落を描く『The Program』」の写真・リンク付きの記事はこちら

周知の通り、復帰後にツール・ド・フランス7連覇を成し遂げたアームストロングは、長年にわたるドーピング行為により、最後は「世界クラスのいかさま師」として自転車競技から「永久追放」された

尊敬に値するヒーローは世界から減る一方かもしれないが、少なくともアームストロングを演じたベン・フォスターのような俳優たちが、堕ちたヒーローを生き生きと蘇らせている。

ドーピング問題を追究したスポーツライターのデイヴィッド・ウォルシュは、クリス・オダウドが演じている。ジェシー・プレモンス、ダスティン・ホフマン、リー・ペイスらほかの俳優陣の演技も乞うご期待だ。

見どころ:35秒と46秒のシーンは、全盛期のアームストロング。48秒でドーピングのシーンとなる。

印象的なセリフ:「ドーピング検査を受けて、陽性反応が出たことは一度もない」(フォスターが演じるアームストロング)

関連記事自転車ロードレース「ツアー・オブ・カリフォルニア2012」:写真ギャラリー

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN ATOC_S1

2/14米国時間13日に始まった同レースの第1ステージを前に、チームバスに乗り込む準備をするガーミン・バラクーダの選手たち。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

03

3/14ガーミン・バラクーダのバイク、サーヴェロ社の「R5」と「S5」。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

ATOC_S1

4/14チーム・エクセルギーのフェルト社製バイクに搭載されたFSA社やVision社のパーツ。両社はシマノやSRAM、Campagnoloなどが支配する自転車のパーツ市場で勢いを増している。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

05

5/14BMCレーシング・チームのバイク「BMC SLR01」。このバイクは、カデル・エヴァンスが昨年ツール・ド・フランスで優勝したときと同じもの。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

06

6/14ビッセル・プロ・サイクリングが使用しているピナレロ社のバイク「Dogma2」。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

07

7/14キャノンデールの使用しているバイク「SuperSix EVO」。フレームの重さはわずか695グラム。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

ATOC_S1

8/14ガーミン・バラクーダのメカニックがバルブステムに行った細工。ホイールの中でガタつかないようテープが巻かれている。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

09

9/14オーストラリアのグリーン・エッジ・サイクリング・チームが使用しているバイク「Scott Foil」。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

10

10/14オメガファルマ・クイックステップに所属し、ツアー・オブ・カリフォルニアで3度の総合優勝を誇るリーヴァイ・ライプハイマー。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

ATOC_S1

11/14ガーミン・バラクーダのディレクター、ジョナサン・ヴォーターズがメカニックのアレックス・バニェイから水を受け取るところ。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

ATOC_S1

12/14ガーミン・バラクーダのメカニック、アレックス・バニェイが、ステージ1のタイヤ交換後に選手のアンドリュー・タランスキーを押しているところ。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

ATOC_S1

13/14Specialized社のデザインディレクターであるロバート・エッガーの所有するカスタムペイントバイク。ステージ1が始まる前に展示されていたもの。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

ATOC_S1

14/14ガーミン・バラクーダのメカニック、フアン・ルハンがステージ1の後にバイクを洗っている様子。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01

ピナレロ社の「Dogma2」は世界でも最も羨望を集めるバイクのひとつだ。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

ATOC_S1

米国時間13日に始まった同レースの第1ステージを前に、チームバスに乗り込む準備をするガーミン・バラクーダの選手たち。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

03

ガーミン・バラクーダのバイク、サーヴェロ社の「R5」と「S5」。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

ATOC_S1

チーム・エクセルギーのフェルト社製バイクに搭載されたFSA社やVision社のパーツ。両社はシマノやSRAM、Campagnoloなどが支配する自転車のパーツ市場で勢いを増している。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

05

BMCレーシング・チームのバイク「BMC SLR01」。このバイクは、カデル・エヴァンスが昨年ツール・ド・フランスで優勝したときと同じもの。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

06

ビッセル・プロ・サイクリングが使用しているピナレロ社のバイク「Dogma2」。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

07

キャノンデールの使用しているバイク「SuperSix EVO」。フレームの重さはわずか695グラム。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

ATOC_S1

ガーミン・バラクーダのメカニックがバルブステムに行った細工。ホイールの中でガタつかないようテープが巻かれている。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

09

オーストラリアのグリーン・エッジ・サイクリング・チームが使用しているバイク「Scott Foil」。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

10

オメガファルマ・クイックステップに所属し、ツアー・オブ・カリフォルニアで3度の総合優勝を誇るリーヴァイ・ライプハイマー。PHOTOGRAPH BY ARIEL ZAMBELICH/WIRED

ATOC_S1

ガーミン・バラクーダのディレクター、ジョナサン・ヴォーターズがメカニックのアレックス・バニェイから水を受け取るところ。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

ATOC_S1

ガーミン・バラクーダのメカニック、アレックス・バニェイが、ステージ1のタイヤ交換後に選手のアンドリュー・タランスキーを押しているところ。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

ATOC_S1

Specialized社のデザインディレクターであるロバート・エッガーの所有するカスタムペイントバイク。ステージ1が始まる前に展示されていたもの。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

ATOC_S1

ガーミン・バラクーダのメカニック、フアン・ルハンがステージ1の後にバイクを洗っている様子。PHOTOGRAPH BY STEPHEN LAM/WIRED

TAG

CyclingMovieSportsVideoWIRED US