井上純一さんいわく「アル中vs財産喪失の不幸な二人」

写真拡大

 人気ブログ『中国嫁日記』の単行本4巻が出版された1月末、作者の井上純一氏は会社の金銭トラブルに遭い80万部も売る漫画家なのに無一文になったと告白した。面白い漫画を描きたくてアル中になった過去を描いた『アル中ワンダーランド』が話題のまんしゅうきつこ氏と6月26日に”不幸に効く”トークライブを開催する井上氏に、現在の”不幸”の状況とまんしゅう氏にも通ずるエッセイ漫画での自分の描き方について聞いた。

 * * *
――2月掲載のインタビュー時には、経営されている会社のフィギュア部門スタッフが、多額の使途不明金と未払いを発生させて姿を消したというお話でした。なかでも滞納された税金が利息つけて1700万円ぐらいとのことでした。負債総額も調査中とのことでしたが、進展はあったのでしょうか?

井上純一(以下、井上):一括で払うのは難しいので、税務署と相談して2回に分けて払っています。1回目は『中国嫁日記』4巻の印税で払いました。2回目は、秋に出る5巻の印税で払い、今年のうちに税金の滞納はなくなる予定です。税務署は優しいですよ。払う意志があれば、こちらの生活が困窮しない程度の的確な支払計画を提案してくれます。税金を払わない人の気が知れないですよ。

 負債総額の最終的な計算はまだ続いています。民事訴訟を起こすにはいくつかクリアしなければならないことがあって、そのうちのひとつが被害額。中国の工場への支払い額を確定するための書類再発行に時間がかかっています。銀行振込なら通帳に記録が残りますが、会社に損害を与えた当時のフィギュア部門専従スタッフは、香港の銀行でおろして現金で支払っていたため、工場へ直接お願いしないとなりませんでした。

――会社へ損害を与えたのなら、刑事告訴も検討してよさそうなものですが?

井上:もちろん、最初は刑事告訴できないかと弁護士に相談しました。すると「数億円なら日本の警察も着手するだろうけど、数千万円程度では難しいですよ」と言われました。国境を越えた大がかりな捜査になるため敬遠されるだろうと。だから民事訴訟を検討することにしました。それでも、国をまたがると必要な証明書類をそろえるのが難しく、民事訴訟もできなくなる可能性があります。

 結局、この件は社長である自分が悪いんです。元スタッフの仕事をきちんと確認せず、言われるままに金を出していたんですから。それでも、すべてを明確にするために訴訟はしたいと思っています。

――2月のトークショーで、お金を返してほしいという人が現れたと話していましたね。

井上:その人は元スタッフに融資したお金を僕に返してもらうつもりできたのですが、会社の現状をお話しして相談した結果、版権を取得してまだ商品になっていないものの開発費の出資が決まりました。そのほうが、確実にお金が入ると判断したのでしょう。

――会社トラブルがテーマの新ブログ「月サンは困ってます」では、中国嫁こと月(ゆえ)さんがこっそり涙をこらえていましたが、いまはどんな様子ですか。

井上:結婚当初から一貫して元スタッフのことを月は疑っていました。お金の動きが怪しいと言われても、フィギュアのことは彼のほうが詳しいととりあわなかった。それが今では月の言い分を通して経理も見通しがつくから、以前のようにお金は無いけれど、今のほうがストレスが少ないようです。いまや、月がいないと会社の仕事がまわりません。

――フィギュア製造の仕事が忙しそうで、ブログの更新間隔が長くなっていますね。

井上:今年の1月は毎日の生活費を心配しながら単行本を出し、月のフィギュアを売って、続けて「魔法少女」シリーズの鈴原美紗ことミサ姉フィギュアの予約受付を始めたら、おかげさまで好調だったので明日のごはんを心配するような状況は脱出しました。来年7月には金型製作のために組んだローン支払いも終わるので、それまで大失敗しないよう仕事をすすめます。

――ミサ姉フィギュアが原因で、グーグル社から広告を取り下げの連絡が来たとか?

井上:服を着ていたのですが18禁だったので。該当ページを削除して、今は元通りです。グーグルからは「クリエイターに対して圧力はかけていませんのでご理解ください」という文言とともに、もっと効果的な広告になるよう見直し提案もされたんですよ。次回作は18禁ではなく全年齢対象の”紐神様”ことヘスティアなので、心配ないです。

――ライトノベル『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』原作のアニメが4月に放送されて、胸下から二の腕を結ぶ青い紐が大評判となったキャラクターですね。

井上: 7月26日のワンダーフェスティバルには全長70センチになる見本を展示したいと思っています。バットマンやXメンなどアメコミヒーローをよく作っている工場に頼んでいるのですが、最初に上がってきたとき顔も体型もアメコミっぽくて面白かったですね。妙に鍛え上げられた腹筋なんですよ。もちろん修正を出しています。

 会社の仕事とは思ったようには絶対にうまく動かず、たいてい大変なほうへ転がる。最悪を回避することだけ繰り返して乗り切っています。仕事は面白いほうがいいというスティーブ・ジョブズを真似たがる人が多いけれど、あれは絶対にやっちゃいけないことばかりですよ。会社経営というのは、うまくいかないことの連続だとわかりました。

――会社の業務も忙しいなか、漫画家まんしゅうきつこさんと「アル中×財産喪失」と題したトークライブを開催ですね。

井上:そういえば、ゲーム関係を含めても女性とのトークライブは初めてですね。まんしゅうさんと純粋に会ってみたかったから決めたのですが『アル中ワンダーランド』に「初のトークイベントはこうして、”最初で最後”のトークイベントになりました」とあったので、断られるかもしれないと思っていました。出演を快諾いただけて、ホッとしています。

――まんしゅうきつこさんも現在のブレイクは漫画ブログがきっかけですね。ブログも自分の過去を描いていますが、そこでの画風との違いに驚きました。

井上:エッセイ漫画、とくに女性漫画家にとって作中で自分をどう描くかは大きな問題なんです。なぜ、いつもの画風と違う自画像なのか、文章と漫画で整合性がとれていない部分があるのはなぜか、まんしゅうさんには色々と聞きたいことがあります。

『監督不行届』での安野モヨコさんのように、本人は美人でも自画像を現実より可愛く描かない人は多い。でも、ケタ外れにヒットするエッセイ漫画では自画像が美しく可愛く描かれることが多いんです。ご本人も美人ですが『かくかくしかじか』の東村アキコさんは美しいですし、『毎日かあさん』では割烹着を着たおばちゃん姿の西原理恵子さんも『女の子ものがたり』や『パーマネント野ばら』など抒情的な作品では可愛い姿をしている。

――それでも安野さんは自分を三頭身のロンパース姿に、まんしゅうさんは不自然な面長にしてしまった。

井上:自画像が変わってしまうと、その漫画を描けなくなるんです。自分も違う絵柄で中国嫁日記を描こうとしてネーム(絵コンテ)が切れなくなりました。そして、エッセイ漫画に嘘は描けない。話を作ろうとすると、とたんに何も描けなくなります。それでも漫画に描きたい。まんしゅうさんもきっと、漫画にしたいアル中の実態に起承転結がないことで苦労したと思う。でも現実って、そういうぼんやりした、もやもやしたものなんですよね。

■井上純一(いのうえじゅんいち)1970年生まれ。宮崎県出身。漫画家、イラストレーター、ゲームデザイナー、株式会社銀十字社代表取締役社長。多摩美術大学中退。ひと回り以上年下の中国人妻・月との日常を描いた人気ブログ『中国嫁日記』を書籍化しシリーズ累計80万部を超えるベストセラーに。最新作は7月15日発売『中国工場の琴音ちゃん』(一迅社)。漫画家・まんしゅうきつこ氏とのトークライブは6月26日に新宿文化センター小ホールで開催。