窓辺をすっきり見せる!(写真は、「ロールスクリーン」のイメージ)

住まいと暮らしの総合住生活企業のLIXILは、インテリアファブリックの新商品として、窓辺をすっきり見せる「ロールスクリーン」と、水まわり空間に最適な「ブラインド」、和空間におすすめの「プリーツスクリーン」をラインアップ、2015年6月から販売している。

木目色の「クリエカラー」に調和

LIXIL共通のベーシックな木目色の「クリエカラー」に調和するカラーバリエーションを設定したことで、LIXILのカーテンやインテリア建材との統一感ある空間コーディネートを可能にした。

「ロールスクリーン」は、1枚のスクリーンを巻き上げて開閉するタイプで、ボリュームが出ないため窓辺をすっきりシンプルに見せることができ、小さな窓やスリット窓にオススメ。生地には、遮光・遮熱機能を備えた「遮光生地」や「遮熱シースルー生地」のほか、室内の臭いを吸着、分解する加工を施した「消臭抗菌生地」など、暮らしを快適にする機能から選べる3タイプを用意した。

希望小売価格は、ベーシック生地、チェーン式(高さ100〜3000ミリメートル、幅100〜2000ミリメートル)で1万円から。

また、スラットを回転させることで採光、採風を調整する「ブラインド」は、遮熱塗料をスラット表面にコーティングした「遮熱スラット」が赤外線を反射させて室内に入る熱を抑える。水や湿気に強いアルミ素材などを採用。洗面や浴室、キッチンに最適な「水まわり窓用」を用意した。水まわり空間でも安心して使える。

価格は、スラット25ミリメートル幅一般用(高さ110〜2500ミリメートル、幅280〜3000ミリメートル)で1万6800円から。

さらに、プリーツ状のスクリーンをたたみ込むように上下に開閉する「プリーツスクリーン」は、部屋の目的に応じてやわらかな光を取り入れ、窓辺をやさしく演出する「和調生地」(30色)と、外からの光をカットして、室内の光漏れを防ぐ「遮光生地」(15色)の2タイプから選べる。デザインは、1枚の生地でつくられた「シングル」と、上部をシースルー生地にした「ツイン」を用意した。細やかな水平ラインが和空間に美しく調和する。

価格は、和調生地、シングル コード式(高さ300〜2600ミリメートル、幅240〜2000ミリメートル)で1万900円から。