約2秒で測定 赤ちゃんの検温も簡単

写真拡大

ヘルスケア家電や生活家電などを扱うドリテック(埼玉県越谷市)は、赤外線体温計「TO-300」を2015年6月中旬に発売する。

「温度計モード」切り替えで哺乳瓶の温度や水面温度も測れる

額や耳で体温を測定できる。熱で汗をかき、脇で体温を測りにくい場合は額で、また額に冷却シートが貼られていたり、ファンデーションを塗っている場合は耳で測定が可能だ。最短約2秒で素早く測定でき、乳幼児でも検温が簡単だ。「メモリー機能」搭載で、19回分の計測温度を保存可能。電源を切り忘れても自動でオフになる「オートパワーオフ」機能を備える。「温度計モード」に切り替えることで、哺乳瓶の温度や水面の温度も測定できる。

電源はリチウム電池CR2032×1。体温表示範囲が32.0〜42.9度、最小表示単位は0.1度。サイズは124(幅)×24(高さ)×34.5(奥行)ミリ、重量45グラム。動作確認用電池×1、アタッチメントが付属する。カラーはホワイト。