「転職」システム採用によるバリエーション豊かな戦闘をスマホで

写真拡大

スクウェア・エニックス(東京都新宿区)は、iOSとAndroid向けゲームアプリ「ドラゴンクエストVI 幻の大地」の配信を開始した。価格は1800円(税込)。

縦画面に対応、片手操作できるよう工夫 教会以外でセーブ「ちゅうだん」機能も

辺境の村・ライフコッドに住む主人公はある日、山の精霊から啓示を受け、壮大な冒険の旅へと出発する。彼が住む世界と、目撃してしまった「幻の大地」の2つの世界を行き来しながら、武闘家「ハッサン」、謎多き女性「ミレーユ」、記憶を失った少女「バーバラ」、神に仕える「チャモロ」、さすらいの剣士「テリー」ら仲間とともに真相に迫っていく―。

1995年にリリースされたスーパーファミコン版をスマートフォン(スマホ)向けにリメイク。「IV」、「V」と続く「天空シリーズ」3部作の完結編。縦画面に対応し、画面上のパッドで片手でも操作できるよう工夫。一部を除き、教会のない場所でもセーブできる「ちゅうだん」機能も搭載する。

シリーズ初の「転職」システムを採用し、「ダーマ神殿」では16種類以上の職業に転職できるほか、スロットやポーカーで遊べる「カジノ」、仲間のスライムを戦わせられる「スライム格闘場」なども盛り込む。