Doctors Me(ドクターズミー)- 歯医者嫌いの子どもの虫歯治療に全身麻酔はアリorナシ?

写真拡大

全身麻酔は最終手段?

お子様の虫歯の治療で苦労されたことはありませんか?泣き喚いたり動き回ったりするのを押さえつけ、大変な思いをして治療を受けさせる保護者の方も多く、そこで、全身麻酔をしたいという相談も寄せられます。

実際、歯科治療の際に全身麻酔を併用する場合もあります。しかし全身麻酔は名前のとおり全身に効く薬を使い呼吸などをコントロールする必要があるため、身体への負担やリスクを理解したうえで受ける必要があります。そのため可能ならば全身麻酔は使用せず治療をうけたいものです。

全身麻酔が必要なケースは?

虫歯の本数が多かったり、虫歯の進行が大きい場合には虫歯を放置することで全身状態に影響が出たり日常生活に影響が出てしまいます。また、全身麻酔を併用することで多数歯を効率よく治療したり大きな虫歯も子供の協力を待つことなく治療できるため、計画的に治療を終えることができます。

通常は何度か歯科医院に慣れる練習をしても理解や協力が得られない場合や、疾患などにより口をあけるなど基本的な意思疎通がとれない方が適応となります。また心臓などに疾患があり麻酔の影響よりも何度も号泣したり興奮することのほうが全身に悪影響を与える場合も行われます。

子どもに合った歯科医院&治療方法を探そう!

現在、全身麻酔で治療をうけられる施設は少なく、多くのお子様は全身麻酔を併用することなく治療を受けられています。今後のためにも可能な限りは根気よく歯科医院や雰囲気に慣れる練習をおすすめします。お子様にもなじみやすいドクターがいますので、担当を代えてもらったり、場合によってはクリニックを変えることでスムーズに解決することもあります。

また最近では笑気や静脈内鎮静法という全身麻酔よりも負担の少ない方法も利用されています。笑気はガスを吸うことでリラックスでき、静脈内鎮静法は麻酔薬を少量使いますが全身麻酔より回復も早く、お近くの歯科医院でも扱っているところが増えてきています。全身麻酔を検討されている方はその前段階として他の方法についても相談されてみることをおすすめします。