Doctors Me(ドクターズミー)- 今話題の胎児ドック。わが子にも受けさすべき?

写真拡大

通常の検査と「胎児ドック」は何が違うの?

妊娠中の女性はもちろん、妊娠を希望される方にとっても「胎児ドック」は気になるテーマかもしれません。そんな「胎児ドック」ですが、通常の検診とは何が違うのでしょうか。その違いと、具体的にどのようなことが判るのかを解説します。

通常の妊娠検診では、何をするの?

まず妊娠がわかると妊婦健診で、週数に合わせて一定の期間ごとに、お腹の触診や体重、血圧の計測他、血液・尿・超音波検査などを実施します。

最初の超音波検査では、小さな点にしか見えなかった胎児が、次第に人間の形になり、動いている姿を見るのは、とても感動的なものです。しかし同時に、心拍の速さや体の大きさなど、自分の赤ちゃんが「標準的」に成長しているかがわかるこの検査は、多くの方にとって緊張の瞬間でもあります。

この超音波検査で医師は、赤ちゃんの成長のスピードの他、羊水の量、へその緒や胎盤の状態などもチェックしながら体の構造やバランスを診ています。心配な点がある場合は医師から詳しい検査を進められる場合もあるでしょう。

“骨の状態”まで調べられるのが「胎児ドック」

「胎児ドック」とは、上記のような通常の妊娠検診に加えて妊婦さんの希望によって、より詳しく時間をかけて行う検診のことで、最近では実施する病院も増えているようです。具体的には「赤ちゃんの首の後ろのむくみを計る検査」や「脳内の構造」、「心臓の形や心臓内の血流に逆流がないか」、さらに「骨の状態」まで詳細な検査が行われます。

どこまで詳しく診断できるのかは、妊娠段階にもよりますが、後期になるほど細かい構造を診られるようになります。

検査結果はどの程度、信憑性がある?

何かと不安の多い妊娠生活中、「胎児ドック」のような詳細な検査により安心できることもあるでしょう。とはいえ、あくまで体の外から胎児のようすを診ているにすぎません。また、体格や発育には個人差があります。つまり、何か問題を指摘されたとしても、実際には健康に生まれてくるケースもあり、反対に何も問題がないと診断されていても、生まれてから病気が発見されることだってあるのです。

妊娠中、サポートをしてくれる方とよく相談し、メリットとデメリットを納得した上で、「胎児ドック」を受けるかどうか決めることが大切ですね。