Doctors Me(ドクターズミー)- 生理の度に吐き気が……。このツラい症状をなんとかしたい!

写真拡大

そもそも、なぜ吐き気がするの?

生理痛は子宮の収縮によって、発生します。それが、なぜ吐き気に繋がってしまうのでしょうか。その原因として、まず考えられるのが生理中、体内で分泌される「プロスタグランジン」という物質。

「プロスタグランジン」は子宮の収縮を促し、生理の時に血液を体の外へ押し出すといった重要な働きを担っているのですが、同時に下腹部痛も引き起こしてしまうのです。特に、体が冷えていたり、血行が良くないと痛みが強くなるといわれています。この「プロスタグランジン」は、子宮のほかに胃も収縮させるため、生理痛と同時に、吐き気や胃の痛み、ムカムカが起こりやすいとされているのです。

生理中の吐き気を改善する3つの方法

生理痛に加えて、胃の気持ち悪さまで引き起こす痛み物質である「プロスタグランジン」。生理痛や、それにともなう吐き気を改善するためには、過剰な分泌を抑えることが大切です。そのために、今すぐできる3つの改善策をご紹介!

1:体を冷やさない

もっとも重要なのは、体を冷やさないこと。普段より少し厚着をして、足元からも冷えが来ないように生理中はできる限り素足ではなくソックスをはきましょう。また、冷え性改善のために、普段から軽い運動をするようにするとよりいいですね。食事も体を冷やすもの、氷の入った冷たい飲み物などは避けて、温かいスープやホットココアなどを摂るようにするとよいでしょう。

2:規則正しい生活&リラックス

生活リズムの乱れや強いストレスは生理中のあらゆるつらい症状を悪化させる可能性があります。 アロマテラピーやマッサージなど、自分に合ったリラックス法を見つけ、試してみるのもよいでしょう。 また、冷えや生理痛といった婦人科系の症状には、体質や相性にもよりますが、漢方薬や鍼灸といった東洋医学が効果を発揮することもあります。

3:胃に優しい生活を心がけて

生理中の吐き気や胃の痛みに対しては、胃そのものを労わってあげることを忘れないようにしましょう。 暴飲暴食は控え、辛い物やアルコールもほどほどにしましょうね。