Doctors Me(ドクターズミー)- ○週間以上つづく口内炎は要注意?重い病気のサインかも…

写真拡大

食事や飲み物がしみる、痛〜い口内炎。その原因とは?

口内炎とは、ほおの内側や歯肉などの口の中や、その周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。原因はさまざまですが、次の4つが代表的なものと考えられています。

代表的な4つの原因

1:アフタ性口内炎
一般的にもっとも多くみられる症状です。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、ビタミンB2等の栄養不足などが考えられています。赤く縁取られた白い潰瘍で若い人に多くできる傾向があります。

2:ウィルス性口内炎
単純ヘルペスウイルスの感染が原因のヘルペス性口内炎(口唇へルペス)などがあります。口の粘膜に多くの小水疱が形成され、破れてびらんを生じることがあり、発熱や強い痛みを伴います 。

3:口腔カンジダ症
かびによる症状で唾液の減少、疲労等による免疫力の低下で増殖します。

4:カタル性口内炎
入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側をかんでしまったりした物理的刺激、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。

2週間以上続く場合は要注意! 他の病気が隠れているかも!?

口内炎の多くはアフタ性口内炎であり、1〜2週間で自然に治ってあとも残らないことがほとんどですが、2週間を超えても改善されない場合、あるいは1儖幣紊梁腓いものが見られたり、何度も再発するときは、ベーチェット病といった他の病気が隠れているかもしれません。また、薬が原因のケースもあるので、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

初期症状として口内炎が発生する可能性のある病気としては、ベーチェット病、天疱瘡、癌、白血病、悪性リンパ腫、自己免疫疾患、白斑症など。

いっぽう、口内炎だけでなくその他の症状(熱、便秘、下痢など)が併発している場合は、アフタ性口内炎でない可能性が高くなるため、この場合もすぐに医師に診てもらいましょう。