Doctors Me(ドクターズミー)- 開いてしまった、顔の毛穴。《いちご鼻》の改善法は?

写真拡大

特に気になるのが、小鼻の毛穴……

鏡で自分の顔を見た時に、ふと毛穴の開きが気になったことはありませんか?
特に小鼻の毛穴は、広がってしまうとその中に汚れが溜まり、黒ずみになってしまう事もあり不快ですよね。そんな開いてしまった毛穴を元に戻す方法はあるのでしょうか。今回は、そんな“毛穴の開き”の原因と対策について解説します。

乾燥すると毛穴はどんどん開いていく!

毛穴が開いてしまう一番の原因は、肌の一番表面の角質層のうるおい不足。
角質層からセラミドなどの保湿成分が不足してしまうと肌が乾燥して、カサカサしたりゴワゴワしたりするように…。そうするとやがて、肌のキメが粗くなり肌のターンオーバーが早くなってしまい角質層を「不健康な細胞たち」が占めるようになってしまうのです。
その結果、毛穴周辺のヒフがヨレてしまうと毛穴の開きが目立つようになります。

いっぽうで、毛穴が目立ちにくい人という人は、角質層が水分でうるおっている状態にあるということです。この肌の乾燥以外にも毛穴を開く原因があります。

その他の原因、いろいろ

1:乾燥による「アブラ」の過剰な分泌
皮脂が過剰になると毛穴が詰まり、それにより黒ずみや毛穴の開きが促進されます。

2:敏感肌
敏感肌で、化粧水などの刺激をうけたり、ヒフを掻いてしまったりすることで、肌のバリア機能が低下すると、ヒフのゴワつきや毛穴が目立ちやすくなります。

3:コラーゲン減少による皮膚のたるみ
肌がたるむことにより、毛穴が下に引っ張られ、毛穴が縦に開いてしまうのです。

毛穴の開きを予防するためには……

以上の原因をまとめると、毛穴が開いて目立つようになってしまうのは、肌が弱く・厚く・硬くなっているからなのです。つまり、これらに対処する次の方法を取り入れることで、毛穴の開きを予防・改善することができます。

1:洗顔をしすぎない(顔をゴシゴシこすったり、熱いお湯での洗顔は避けること)
2:スクラブやピーリングなどで角質ケアをやりすぎない(2週間に1回程度で十分です)
3:あぶらとり紙等で頻繁に顔の皮脂を取り過ぎない
4:メイクの厚塗りは避ける
5:必要以上に保湿をし過ぎないこと

開いてしまった毛穴も、正しいスキンケアに改善することで自然と治ってゆくことがほとんどです。皆さんも毛穴のないツルツルお肌を手に入れるために、上記の事に気を付けて過ごしてみて下さいね。