真剣なまなざしで「神スイング」にのぞむ稲村亜美さん

写真拡大

玩具メーカーのバンダイは2015年7月25日に音声機能により野球をしている雰囲気を楽しめるバット型玩具「ライブ中継!スイングベースボール〜GO!GO!GIANTS〜」を発売することになり、これにさきがけ6月18日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された「東京おもちゃショー2015」で、この新商品の発表イベントを行った。

実はピッチングの方が得意だった

「スイングベースボール」は、バットの形をしたコントローラーで、手に持ってスイングするとセンサーが速度やタイミングを認識して、ホームランやフライ、空振りなどを判定する。

プロ野球、読売ジャイアンツの有名選手やコーチ、原辰徳監督ら37人の名前を音声収録してあり、好きな選手のつもりになって内蔵スピーカーから流れる実況風の音声にあわせて、臨場感あるバッティングが楽しめる。

発表イベントには、商品のプロモーションビデオに登場するタレント、稲村亜美さん(19)をはじめ、巨人・坂本勇人選手のモノマネ芸人、さかともさん、阿部慎之助選手のモノマネ芸人、あれ慎之助さんが登場。さかともさんと、あれさんは持ちネタを披露しながら「スイングベースボール」を実演。あれさんからの「野球をやったことのない僕でも、ホームランを打てる感覚が楽しめる」との感想に会場がわいた。

稲村さんは、トヨタ自動車のウェブCM「G's Baseball Party」で披露した、豪快な「神スイング」が話題の女性。小学校と中学校計9年間の野球歴をもち、中学3年間は硬式でプレーしたという、演技ではない筋金入りの野球女子だ。

「神スイング」が話題の稲村さんだが、ずっと投手をしていたので実はピッチングの方が「バッティングより得意」。そこで会場では、事前に収録した稲村さんの「神ピッチング」映像と、ステージ上の稲村さんによる「神スイング」の対決も実施した。結果は「神スイング」によるホームランとなった。希望小売価格(税込)は4298円。