コペン セロと"着替え"競演したダコタ・ローズさん

写真拡大

ダイハツ工業は2015年6月18日、都内で軽オープンスポーツカー「COPEN(コペン)」の新モデル「COPEN Cero(コペン セロ)」を発表し、同日から販売を始めた。コペン3代目モデルであるセロは、1年前に発売された2代目「Robe(ローブ)」と"着せ替え"をできることが特徴。そのための新サービス「DRESS-FORMATION(ドレスフォーメーション)」の発表会も合わせて行われた。

購入後も自由にコーディネート

セロは初代と同じ「丸目」のヘッドランプを採用。「ツリ目」のローブとは表情が変わった。両モデルは車体が共通で、ドレスフォーメーションのサービスでは、このヘッドランプとリヤコンビランプのほかドアを除く樹脂外板11パーツを新旧両モデルの間で交換することが可能だ。量産車では世界初のサービスという。まるで洋服を着替えるように、ライフスタイルに合わせ、購入後でも自由にコーディネートできるという新しい車の楽しみ方だ。

発表会では、"着せ替え"をテーマにしたファッションショーを開催。コペンを実際に"着せ替える"デモンストレーションをおこなう一方で、ステージではモデルたちが同時進行で早着替えを行った。

ローブからセロに、またセロからローブへ――。約10分のショーが終わる頃にはフロント部分が着せ替えられたコペンが完成した。着せ替えパーツは10月に発売予定で「ローブ→セロ」の着せ替えはフルセットで35万円前後になる見込み。

オプションとして、ルーフやバックパネルにダイハツ独自の「Dラッピング」を設定。カーボン調成型PVCを貼り付けるもので、カラーはブラック、ワインレッド、シルバーの3色を用意。購入後、いつでも張り替えることが出来る。

"リアル着せ替え人形"が早変わり競演

発表会にはスペシャル・ゲストに、"リアル着せ替え人形"として話題の米国出身のモデル、ダコタ・ローズさんがコペンをイメージした衣装で登場。2着の早着替えをおこない、コペンの丸いライトをイメージしたという飾りをつけた衣装で集まった人たちを魅了した。

ダコタさんは、日本の"カワイイ"カルチャーを追いかけて来日。日本の女子高生らが着ているセーラー服をずっと可愛いと思っていたという。さまざまな色やリボンの形があることも学習済みで、ファッションアイコンとしての存在感を際立たせた。