出産を経験した40〜50代女性は頻尿や尿漏れなどの排尿障害をぶり返すことが多いという

写真拡大

出産を経験した40〜50代のオトナの女性がぶり返すことがあるのが頻尿や尿漏れだ。治療法には薬物治療や手術があるが、大半は適切なトレーニングで治すことができる。『ダイヤモンドQ』編集部では、その具体的な事例を紹介する。

歩いているだけでも漏れてしまい
情けない気持ちが常に晴れなかった

 最初は「あ、やっちゃった」程度の小さな失敗だった。

 静岡県のNさん(57才)が、尿漏れの悩みを抱えるようになったのは4年前。友人との談笑中にくしゃみをした途端、ジュッと漏れた感覚があり、驚いてトイレに立つとスカートに染みるほど漏れていた。

 以来、症状は進行し、時には普通に歩いているだけでも漏れてしまう。尿漏れパッドでしのいではいたが、情けない気持ちは常に晴れなかった。そんなある日、テレビ番組で女性医療クリニックLUNAの理事長、関口由紀医師のメッセージを聞いた。「女性の3人に1人は尿漏れ経験者。もう一生我慢する時代ではありません」。尿漏れは、骨盤底筋トレーニングや日帰り手術で治すことができるという。Nさんは受診を決めた。

 診断は腹圧性尿失禁。内診台に乗り、大きな咳をする検査を受け、耐え切れず尿が漏れたことから確定診断がついた。関口医師は、まずは骨盤底筋トレーニングを受けてみて、それで改善しないようなら手術をしてはどうかと勧めたが、一刻も早く悩みから解放されたかったNさんは手術を希望した。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)