奔放な天使〈アドビ〉とクリエイターの蜜月は続く

写真拡大

かつてのぼくにとってアドビのイメージは仮想空間の画材屋だった。お得意様のアーティストは皆アナログ育ち。そんな頑固者たちの要望にデジタルで応えようとするエンジニア気質が随所に感じられたものだ。けれど最近のアドビはそういうイメージで語れない。ちょっとひと味違うのだ。──Adobe Creative Cloudの新機能発表を目撃した映像作家が、その内容をレポート。

「奔放な天使〈アドビ〉とクリエイターの蜜月は続く」の写真・リンク付きの記事はこちら

吾奏伸|ASSAwSSIN
映像作家。主にIllustrator、Photoshop、After Effectsを使用し、アニメーションを多用したCMやテレビ番組を手掛ける。twitterアカウントは @shinasada

「Photoshop」が生まれて四半世紀。この25年間で「絵を描く」ことの意味は大きく変わった。かなりの工程がクリックしたりドラッグしたりという作業に置き換わったおかげで、ぼくたちの手は汚れなくなった。特定の色鉛筆だけ買い増す必要がなくなり、エアブラシだって使い放題。アニメーションを仕上げるという行為にいたっては、飛行機の中にノートパソコンを持ち込み「After Effects」で完成させることも不可能ではない。

写真を撮るという行為の意味も少なからず変わってしまった。余計な看板がフレームに入っていてもシャッターを切ることをためらわない。あとからPhotoshopで消せばいいことだ。最高の笑顔をおさめたスナップ、だけど光量が不足した1枚を手にして、ぼくらはことさら嘆くこともせず「Lightroom」を立ち上げ、スライダーをいじって好みの明るさを手に入れる。それもコーヒーを飲みながら。鼻をつく現像液の匂いに満ちた暗室へはもう戻れない。

写真をくっつけて横長のパノラマ写真をつくる。トライした経験があるなら「端っこがデコボコになるからちょっと拡大してトリミング」という感覚をおもちのはず。けれど新しい「Photoshop」なら不足した外側のデータを補完してくれる(!)から綺麗な四角いパノラマ写真が出来上がってしまう。便利なんて言葉じゃ形容できません。もはや魔法です。

アドビは長らく「仮想空間の画材屋」として地位の向上に努めてきた。ライヴァルは現実世界である。

例えば「Illustrator」のツールパレットには、ところせましと現実を模したアイコンが並んでいる。鉛筆、ブラシ、消しゴム。アーティストは偉そうに尋ねる。「ぼくが持っている本物の鉛筆、ブラシ、消しゴムと同等の意味をもつボタンはどれかな?」「えーとこれ、あれ、それです。そう、そこです」…。

アナログをデジタルに置き換えなさい。それがアドビの役目。親友というよりは部下、アシスタント、生真面目な秘書…そう、アドビは「真面目な奴」だった。プロのクリエイターに助言を求めては、アドヴァイスをもらって次のヴァージョンに反映。出来上がったらまた助言を求め…。そんな姿勢に気難しいクリエイターたちはどう対応してきたか?

「所詮はコンピューター、何もわかっちゃいないなぁ。現像ってのはこうなんだよ! 筆圧ってのはこうなんだぜ?」などと、写真や絵のAtoZを口うるさく説いて聞かせたはずだ(ぼくではないです)。要するにアドビはずっと、ずーっと、もしかしたら25年間の半分ぐらいは「真面目な叱られ役」だった。中の人たるエンジニアたちは平身低頭、長きにわたって不断の努力を続けてきたのだ。

しかし、いまやアドビの役割は大きく変わりつつある。“現実のメタファー”というミッションはとっくに果たし終え、次のステージへ──「新しい世界」へと足を踏み出しつつある。

みなさんは「Adobe Illustrator Draw」というツールをご存知だろうか? iPadのお絵描きアプリ。こいつには驚嘆すべきボタンが着いている。「Illustratorへ送信」。これを押すと、ものの数秒で私のMacBookPro でIllustratorが勝手に起動し、その画面にiPadで描いたものと同じ絵が忽然と現れる。現実に例えるなら「小さなスケッチブックに描いたラフなスケッチが、油絵用のキャンパスへ自分から飛んでいく」といった現象。おいおい、それじゃまるで手品だ。魔法ですよ。

スマートフォンで撮った風景写真から色の組み合わせを取り出す「Hue CC」。出来上がったデータ(Look)はPC上の「Premiere Pro」や「After Effects」のライブラリパネルへ「飛んでいく」。既存の動画に「振りかけ」れば、その色味にカラーコレクションされてしまう。ファンタジーです…。

同じくスマホで撮った画像をパスデータに簡単に加工できるアプリ「Shape CC」。その結果はPC上のIllustratorにあるライブラリパネルへ「飛んでいく」。登壇したデザイナー尾沢早飛氏によれば「(スマホに)素材を溜め込む感覚。いつか使おうって思いながら」。クリエイターの街の歩き方まで変えてしまうのが、新しいCreative Cloudだ。

そうなのだ。もはやアドビは真面目で有能な秘書ではない。例えるなら、ポケットからちらちらと顔を出し、クリエイターをそそのかす〈妖精さん〉。ぼくたちはアドビに手をひかれ、学んだことのない、体験したことのない、想像だにしなかった「新しい世界」へと旅立つことになる。

そろそろ覚悟が必要だ。想像力の羽根を広げてみたとき、もう羽根の先っぽが、どこにもぶつからない時代がやってきている。「もっと大きく、もっと速く、遠く、高く飛びたいと願いなさい」…そんな風に耳元で囁く奔放な天使。アドビの魅力に抗う自信が僕にはない。どんなに真面目なクリエイターであろうと、きっと心を動かされてしまうに違いない。

ADOBE LIVE 2015

Adove Creative Cloudの新機能を目撃せよ

Adobe Creative Cloudの新発表を受け、アドビから「宿題」が用意されている。こちらのページにて6月18日に開催されたAdobe Live 2015のアーカイヴ動画を視聴し宿題を提出して、Apple WatchやCreative Cloudコンプリートプラン1年分を抽選でもらおう!

宿題:
今後、クリエイターは、いかなる時、いかなる場所でもあらゆる
テクノロジーを駆使した「Creative○ync」なワークフローでアイディアを形にしていく。
(※○に当てはまる英字を埋めてください)

期間:2015年6月30日(火)まで