あの名曲を、もういちど

写真拡大

音楽や映像の通信販売業者「燈音社」は2015年6月18日、通販サイト「音楽のある風景」で、「ポール・モーリア ベスト100 永遠のヨーロピアン・サウンズ」を発売した。「ラヴ・サウンズの王様」の異名を持つフランスの音楽家、ポール・モーリア(1925‐2006)の楽曲を、CD5枚組・全100曲の完全ベスト盤としてまとめたものだ。

厳選した音源をデジタル・リマスタリング

日本でもヒットした「恋はみずいろ」や、マジシャンらのパフォーマンスのBGMとしてもなじみ深い「オリーブの首飾り」などで知られるポール・モーリア。2015年は彼の生誕90年と、彼が率いた「ポール・モーリア・グランド・オーケストラ」結成50年にあたる記念の年だ。

これまでリリースされたモーリアのCDは、ジャンルやテーマにわかれて組まれたものがほとんどだった。しかしこの「ベスト100」では、約1200の音源から100曲を、カテゴリーを問わずに厳選した。

また、モーリアから信頼されていた音楽評論家・北川隆一氏からアドバイスを受け、ユニバーサルミュージック保有のマスターテープから状態の良いものを集め、最新デジタル・リマスタリングを行った。

ヒット曲はすべて、オリジナル・バージョンで収録。日本初CD化となる「優しさもなく」(1977年)など、「幻の名曲」も楽しめる。価格は1万800円(別途、梱包・送料850円)。特設サイトには、モーリアの音楽人生を支えたイレーヌ夫人から、日本のファンに向けたメッセージも掲載されている。