光ファイバーケーブル切断事件が、サンフランシスコで多発

写真拡大

サンフランシスコ・ベイエリアで、光ファイバーケーブルが切断されるという奇妙な事件が頻発している。

「光ファイバーケーブル切断事件が、サンフランシスコで多発」の写真・リンク付きの記事はこちら

サンフランシスコ・ベイエリア全域で、光ファイバーケーブルが切断される事件が続いている。捜査に行き詰まった米連邦捜査局(FBI)は、一般市民に協力を求めている。

2014年7月にバークレーで起きた事件を皮切りに、これまでに10件以上の切断事件が起こっており、さまざまな電気通信サーヴィスが停止する事態となっている。

6月9日(米国時間)にオークランド郊外のウォールナットクリークで起きた最近の事件では、AT&T社による固定電話サーヴィスと無線通信サーヴィス用のケーブルが切断された。同社は、犯人逮捕につながる情報に対して1,000ドルの懸賞金を提供している。

「これらの地域で、通常の通信メンテナンス作業と関連した不審な状況を見た人は、FBIに連絡してほしい。犯人は、正規の通信メンテナンス作業員に見えたり、そうした職種にふさわしい道具を所持していたりする可能性がある」。FBIのグレッグ・ウースリッチ特別捜査官は、このように呼びかけている。

2013年には、サンノゼにあるPacific Gas & Electric社の変電所でも破壊活動が起きたが、その犯人は見つかっていない。FBIは、2014年から現在にかけて起きている10件の事件が、この破壊活動と関連していることを示す「徴候は見られない」と述べている。

米連邦エネルギー規制委員会は2014年、米国の電力網がテロ攻撃を受けやすい地域について概説した文書を誤って公開。『Wall Street Journal』紙はこのデータを引用し、9カ所の「主要な」変電所が攻撃を受けると、米国全土で停電が起きる可能性があると報じている

関連記事海底ケーブルは想像以上に脆い

TAG

Arstechnica USCrimeFiber-OpticCable