ねばねば夏野菜の代表格オクラ。ぬめりの元となる食物繊維は便秘を予防し、コレステロールを排出して大腸がんのリスクを減少させるといわれています。βカロテンやミネラルもたっぷりの健康野菜オクラをぜひ夏の料理のメニューに加えてみましょう。

オクラのぬめりは食物繊維

オクラのぬめり成分は食物繊維のペクチン、たんぱく質のムチンなどです。ペクチンは腸の善玉菌である乳酸菌を増やし、腸の活動を活性化します。老廃物を便として排出するので便秘気味な方は積極的に食べたい野菜です。腸の働きが良くなれば疲労回復や体力増進にもつながり、体調も良くなります。また、ペクチンには糖の吸収を抑制し、血糖値が上昇するのを抑える働きがあります。ムチンはたんぱく質分解酵素を持ち、たんぱく質の吸収を良くしてエネルギーに換えるため、疲労回復効果が期待できます。

βカロテンとミネラルも豊富

βカロテンは強い抗酸化力を持つ成分。体内でビタミンAに換わることで、視力の改善、皮膚や髪の健康維持、呼吸器官の保護などをサポート。ミネラルの中でもオクラに含まれるカリウムは塩分を排泄する働きを持ち、高血圧を予防します。またオクラにはカルシウムも含まれています。

オクラの美味しい食べかたは?

オクラは家庭でも簡単に調理できる食材です。塩でさっと茹で、輪切りやせん切りにしてサラダや和え物に。炒め物、煮物、揚げ物にも合います。焼鳥屋などではオクラを焼いてさっと塩を振って食べますが、家庭ではオーブントースターで焼いて塩・醤油でシンプルに食べても美味しいですね。


writer:松尾真佐代