Doctors Me(ドクターズミー)- 《手磨き VS 電動歯ブラシ》歯科医師がオススメするのはどっち!?

写真拡大

手磨き派?電動派?あなたはどっち?

最近ではテレビで電動歯ブラシのCMがよく流れていることもあり、患者さんから電動歯ブラシについての質問をお受けすることも多いです。

手磨きと電動歯ブラシではどちらがきれいになるのでしょうか。
結論から言うと、どちらでも正しく磨けていれば、歯の汚れはしっかり落とすことができます。手磨きに比べての、電動歯ブラシのメリット・デメリットをお教えします!

手磨きより優れている、電動歯ブラシのメリットは?

電動歯ブラシは自動でブラシが動くので、子供や高齢者、障害者などうまく手を動かせない方に適しています。

手磨きでしっかりと汚れを落とすためには、それなりの時間と技術が必要になります。その点、電動歯ブラシは

・モーターでブラシを振動、回転させるもの
・音波で水流をつくってブラシが届かない部分まできれいにできるもの
・超音波を用いて汚れを剥がれやすくするもの

など様々なタイプが販売されており、自分の用途に合わせて比較的容易に、速く汚れを落とす事が出来ます。
ちなみに、電動歯ブラシは手磨きと動かし方が異なる、ということを理解しておかないといけません。詳しくは電動歯ブラシの説明書を参考にして頂きたいのですが、手磨きと同じように動かしていると磨き残しが多くなるようです。

電動歯ブラシのデメリットは?

上記のように、電動歯ブラシは手磨きよりも速く汚れを落とすことができるのですが、短時間で爽快感が得られるため歯磨きの時間が不十分になり磨き残しが出やすい傾向にあります。

また、はじめのうちは
・振動に対して違和感
・作動音が気になる
という方も多いようです。これは機種によっても違いますね。

最近ではお手頃な価格にはなってきましたが、手磨きに比べると高価であることもデメリットとして挙げられます。

自分に合った歯ブラシ選びが重要!

どの歯ブラシを使用するにしろ、しっかり汚れが落ちていないと意味がありません。

歯垢の染め出し剤は薬局でも簡単に手に入りますので、一度チェックしてみることをお勧めします。磨き残しがあればフロスや歯冠ブラシなども使用するなど、上手に磨ける方法を模索して自分に合った歯磨きを見つけましょう。