洗濯槽が手前に傾くので、衣類の出し入れがしやすい!(写真は、「スラッシュ AQW‐GT800」パッションレッド)

写真拡大

ハイアールアジアは、AQUAブランドの新製品として、洗濯槽を手前に傾けることによって洗濯槽の中を見やすくして、衣類の出し入れがしやすい全自動洗濯機「スラッシュ AQW‐GT800」を、2015年6月下旬に発売する。

「スラッシュ・ドラム」を採用

「スラッシュ・ドラム」は、洗濯槽を手前に傾けることによって、洗濯槽の手前の底まで見やすくしたことで洗濯物の取り忘れの心配をなくしたほか、毎日の洗濯時の衣類はもちろん、毛布などの大きな衣類の出し入れをしやすくした。

「スラッシュ・ドラム」専用に、新たに開発した「手のひら形状」の「スラッシュ・ウィング」は、従来の左右に動くもみ洗い動作に加えて衣類を持ち上げて入れ替える複雑な上下水流を生み出すことで布からみや洗いムラを抑えた、しっかりキレイの「スラッシュ洗浄」を実現した。

このスラッシュ洗浄の特長を生かして、布の傷みを抑えて洗う「標準やさしくコース」、節水性を高めた「標準節水コース」、汚れ物が多いときに最適な「標準おまかせコース」の3つの標準コースを搭載。さらに手前に傾けることでモーターへの負担を抑え、消費電力量を約27%低減する省エネ洗濯を可能にした。

また、水流にあわせて捕獲口が大きく左右に可動する「スイングキャッチ・フィルター」を搭載。うっかりポケットに入れたまま洗濯してしまったティッシュや、洗濯物から発生する糸くず、ホコリをしっかりとキャッチして衣類への付着を抑える「衣類おそうじ」機能を搭載した。

洗濯容量は、8.0キログラム。運転時間の目安は約37分(標準節水コースの場合)。色は、パッションレッド、オーシャンブルー、プレミアムゴールド。オープン価格。