宮市が移籍する世界で最もカルトなクラブ″ザンクト・パウリ”とは?

写真拡大

元日本代表FW宮市亮が加入することになったドイツ2部ザンクト・パウリ、世界一「カルト」なサッカーチームの魅力を紹介しよう。

典型的エレベーターチーム?

1910年に創設。ハンブルクにあるザンクト・パウリ地区をホームとしている。

ここ15シーズンでブンデスリーガを2シーズン、2部リーグを9シーズン、3部リーグを4シーズンを経験。言うなれば、ドイツ1部〜3部を行き来する典型的なエレベーターチームである。

今季の成績は2部で15位、10勝7分17敗の勝ち点37と最終節の結果次第では3部降格もありえただけにすれすれの2部残留だったと言える。

近年では2001-02シーズンと2010-11シーズンにブンデスリーガでプレーしたものの、いずれも最下位と華々しい散りっぷりを見せている。


2001-02シーズン第21節:堂々とした戦いぶりにカーンも吠えるしかなかった。

それでも、2002年2月にはバイエルン・ミュンヘンを下している。当時、ドイツの新聞は驚きをもってこれを伝え、記念のTシャツが作られたほど。ラーン、バイラモヴィッチ、メッグレといたメンバーを中心とした組織的なサッカーは最下位という順位に比べて非常に出来が良いものだった。

残念ながら、当時の中心選手はその後移籍したクラブでは活躍しきれなかった。唯一、ハンブルガーSVで高原直泰と同僚だったラーンは覚えている日本人も多いだろうか。ちなみにそのラーン、36歳の今季はザンクト・パウリII(2軍チーム)でプレーしていた。

日本人では1988-89年に尾崎加寿夫氏が在籍していた。それが縁というわけではないが、かつて日本の民放が特集したことがあり知名度は意外に高い。その理由は、意外なものなのだ。

日々ロック

ザンクト・パウリのスタジアムはドイツ一の歓楽街にあり、異様な雰囲気を醸し出している。日本で言えば、渋谷のセンター街や新宿の歌舞伎町にスタジアムがあるようなものである。

元々のファン層はいわゆる下層階級であり、同じ町のライバルであるハンブルガーSVが上流階級中心なのとは対照的である。

ザンクト・パウリのサポーターは左寄りで知られている。人種差別やファシズム、性差別を嫌い同性愛を許容する。抗議のために座り込みのデモ活動を行ったこともある。

チームはハードロック、パンク・ロック、プログレといったロック音楽の精神を常に受け継いでいる。クラブハウスやスタジアムは落書きだらけ、骸骨(スカル)をモチーフにしたフラッグがスタジアムに掲げられる。

コーナーフラッグもスカルだ。

入場曲は「AC/DC」、ゴール後にかかる音楽は「ブラー」であり、ザンクト・パウリをフューチャーした楽曲を作成するロックミュージシャンは少なくない。


ゴール後に合唱するサポーター。熱いパッションを感じる。

サッカーと言うよりはサブカルチャー的な何か…その精神は今やドイツ中で受けサポーターの数は1000万人を超えると言われている。ドイツ一の女性サポーター数を誇り、2部クラブでありながらブンデスリーガの多くのチームよりも人気を集めているのだ。


関連グッズが熱い

日本で一躍有名になったのは関連グッズのかっこよさである。

とてもサッカーのチームとは思えない茶色をベースにしたホームユニフォームや、胸元が編み上げの100周年記念ユニフォーム、カモフラージュ柄などファッションブランドの様なオシャレなアイテムが非常にウケたからである。


2010-11シーズン(100周年)のホームユニフォーム。リバーシブルになっていてコラージュプリントが描かれている。

クラブが2部に落ちたことで人気は少し落ち着いたものの、今季もヒュンメルとコラボしたスニーカーが発売されるなど「2部チーム」とは思えない幅広い展開を行っている。


クラブカラーの茶色を模したスニーカーは木箱に入ってお届けされる。こ…これは欲しい。

上記で紹介したのはほんの一例で、毎シーズンひねりを聞かせたラインナップを用意している。テンプレートを少しいじっただけのアイテムしか展開のない中小クラブが多い中で、実に個性的である。

チームメイトは?

日本で知られている選手といえば、フローリアン・クリンゲがあがるだろうか。ドルトムントでもプレーした選手で、中盤からサイドバックまであらゆるポジションをこなす。

だが、彼も今季はほとんどプレーしておらず現役引退を発表している。現在のチームの中心は生え抜きを中心とした中堅・若手の選手になる。

システムは4-2-3-1ないしは4-4-2、今季はメンバーが余り固定されておらず誰でもチャンスがある状態だ。

宮市のチャンスは多いと予想される。

ライバルは?

右ウイングの候補としては主に3人があげられる。一人が下部組織出身のヤン=フィリップ・カラ、もう一人がポーランド代表歴を持つヴァウデマル・ソボタだ。

だが、カラはDF登録の選手で元々はセンターバックでプレーしていた選手。本職はもう1つ下のポジションであるし左右のサイドバックやセンターハーフなどでも起用できるだけに今季はたまたま右サイドハーフをこなしたにすぎない。

ソボタはクラブ・ブルッヘからのローン組でブルッヘでもレギュラーでプレーしていた実力派。それだけに契約満了と共にベルギーへ帰る可能性は高い。

空いた来季のスタメン候補として宮市亮を当てはめたと考えるのが当然の流れだろう。

しかし、チームにはもう1人アジア人がいる・・・。チェ・キョンロクである。

チェ・キョンロクは、その名前の通り韓国出身のFWである。

高校からKリーグや大学へは進まず、直接ドイツに渡りザンクト・パウリIIに入団、今季終盤にトップチーム・デビューを飾るとその試合でいきなり2得点をたたき出した。

上述のチェはトップチームでは2トップの一角でプレーとしているが、右ウイングが本職とするサイトも多い。無理やりライバル認定するのであれば、ドイツで右サイドのポジションを巡って"日韓対決"となる可能性もある。

一方で、宮市が「左」に入るパターンも考えられるだろうか。監督は「左右のウィングでプレーできる。」と宮市に対してコメントしている。今季、左サイドを務めたダニエル・ブバラはこれまたDF登録の選手で、左ウィングも"空いている"のだ。

そう考えると、宮市がプレーするポジションは「人手不足」と言える。コンディションさえよければ1シーズンレギュラーで活躍する姿が見られるだろう。

情熱溢れるチームのやり方はザンクト・パウリが持つ”15の原則”に由来している。

その中の次の様な言葉がある。

ザンクト・パウリの哲学では人間関係において寛容と尊重は重要な柱である。
-Tolerance and respect in mutual human relations are important pillars of the St. Pauli philosophy.

このクラブ、「人間力」も育ててくれるかも知れない。